2014-03-24

南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史

ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)

ダッチワイフ(最近ではラブドール)と呼ばれる性具について、その歴史や製造方法、製作者やマニアへのインタビューなどを交えて考察する一冊。Amazonなどでも18禁扱いを受けていますが、内容はとても真面目で、決してエロ本ではありません。普段は日の目を見ないマイナー産業にスポットを当てた良書です。

(※いずれにしても、こどもが読むような内容ではありません)

説明文:「南極観測隊のための特殊用途人形、「南極1号」は実在したか!?ダッチワイフづくりに賭けた男たちが挑んだもうひとつのプロジェクトX。綿密な取材により、その進化と変遷をあますところなく描いた異色のノンフィクション。カラー写真8ページ付き。エロ本ではありません!!みんなに読んでもらいたい、まじめな本です!」


本書の項目は「ダッチワイフの履歴書」「素材革命─風船からシリコンへ」「開発者の苦闘と喜び」「ダッチワイフの主人公たち」。繰り返しますが、いたって真面目です。

旧日本軍が開発した「擬似女体」から、膨らました風船のようなものへ、そしてシリコンへと進化していく過程などが語られます。口を開けた間抜けな風貌から、60~70年代のサブカルシーンによく登場したりしていましたね。

また、都市伝説風の「南極1号は実在したか」という項目も興味深かったです。南極越冬隊がイグルー(イヌイットの簡易住居)の中に「ベンテンさん」と呼ばれる性処理目的の人形を置いたのは事実だったとか。しかし、あまりの寒さで使用する者は一人もいなかったのだとか。

そんな歴史ネタから、1体数十万円もする現代の精巧なラブドールの紹介、その作り手のこだわりなど、徹底的に濃い内容です。なかなか不思議な世界ですので、物好きな方はぜひ!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ