2013-06-01

キャラ立ち民俗学

確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!

人が見向きもしないものを愛で、「マイブーム」という言葉の生みの親となった、みうらじゅんさん(MJ)のエッセイ集。「怪」「BUBKA」掲載の文章をまとめたものです。とりあえず「民俗学」と言い張れば無駄な努力も報われるのではないか…という観点から、そんなタイトルになっていますが、確かに少しだけ民族学的かもしれませんw


説明文:「みうらじゅんにかかれば、エロだろうがグッズだろうが祭りだろうが、世の中にあるすべての現象が深い! 些細なコトにも鋭い視点を注ぐ、みうらじゅん的民俗学エッセイ。」


テーマは、宗教と性・確珍犯・曼荼羅とお練り・大将軍神・即身仏・双体道祖神・日本にあるキリストの墓・土偶・天狗・海女・飛び出し坊や・ヌードサックス銅像・鍾乳洞・菊人形・笑い祭・フィギュ和・ゴムヘビ・地獄など。まったく脈絡が無い雑多なジャンルですが、これが全てみうらさんがこれまでに興味を持ってきたものたちです。ファンにはお馴染みのものばかりでしょう。

それぞれの章には、白黒の写真とみうらさんのイラスト1ページが掲載されていますが、基本はテキストです。新書版にこれだけのネタを詰め込むのですから、深く掘り下げているワケではありません。広すぎる守備範囲の表面だけをサラッと概略した感じですから、これをきっかけにそれぞれのテーマの著書を探していくといいかもしれませんね。

もちろん、テーマも文章も、すべて「くだらない」としか言い用のないものですから、民俗学なんて言葉に釣られたりしてはいけません。思わず苦笑いするような珍なスポットやイベントの紹介を、ニヤニヤしながら眺めるのが正解です。私は最後までニヤニヤしっぱなしでしたから、そういった意味では良書なのかもしれませんね!

ちなみに、最近のみうらさんは「一人電通」を名乗っていらっしゃいます。その意味は、「自分の媒体をいっぱい持っておいて、やりたいネタが見つかったら色んなところで一斉に書く」という意味合いなんだとか!すごい人ですねw


【キャラ立ち民俗学】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ