2014-02-05

いやげ物 (ちくま文庫)

もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!

全国の観光地で販売されている、誰からも必要とされないような変な土産物(名づけて「いやげ物」)。コレクターのみうらじゅん氏(MJ)が集めた日本各地のいやげ物を集めて紹介する一冊。コンパクトな文庫版ですが、すべてカラーページで、400点以上の写真が掲載されている豪華版!


説明文:「水に濡れると裸が現れる湯呑み。着ると恥ずかしい地名入りTシャツ。ヤシの実や貝殻でできたかわいいけど変てこな人形。なぜかナマハゲや西郷どんの形をした栓抜きや灰皿。そして、ハワイと日本のみやげ物対決!エロ度、トホホ度でどちらが勝つのか?みやげ物界のアウトサイダー堂々400点以上を大公開!オール天然色。抱腹絶倒。」


このいやげ物という言葉自体がみうらさんの造語ですから、分類もみうらさん独自のものです。例えば、木魚にうちかかって居眠りしている小僧さんのフィギュア「甘えた坊主」、金ピカの安っぽいフィギュア「金プラ」、ひょうたんを使った変な人形「ひょうたん君」など、いずれもおかしなものばかり。土産物として誰かにもらったら怒りたくなるレベルでしょう。

さらに、「ヘンジク」「ヘンヌキ」「ヤシやん」「ユノミン」「二穴オヤジ」などなど、観光地で見かけそうではあるけど、誰が買うのか想像がつかない…というアイテムが続々と登場します。

私はMJファンですから、こういった世界観も大好きです。こんなアホなものを買い続けて、何の得があるのかと思ってしまいますが、いやげ物コレクションの展覧会「国宝 みうらじゅん いやげ物展」が全国で開催され、大変な人気ぶりとなっているんですからすごいですよね。

気軽に苦笑いできる逸材が揃っていますので、気軽に手にとってみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【いやげ物 (ちくま文庫)】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ