2014-03-01

石田徹也遺作集

日常生活に潜む鈍痛を伴うような不安感を表現し、31歳で急逝した画家の遺作集

「短髪の無表情な男が、世界との距離感が掴めずに困惑している。」
そういった一連の作品を遺したアーティスト・石田徹也さんの作品集です。タイトルに「遺作集」とあるように、2005年に踏切事故のため夭折しています。

2013年秋にNHK「日曜美術館」での特集を観て衝撃を受け、この作品集を借りてきましたが、すごいですね。鈍痛を感じるような作品群です。


説明文:「「何かずーっと描いてて、描くのが僕だったと思う。描かないと僕じゃないような…」 驚愕の世界を描き続け、31歳で急逝した著者の創作活動10年の軌跡。」


石田さんの絵は、青年が機械や家具、虫や便器などと一体化しているモチーフのものが多く見られます。現代の生活に潜むゾワッとするような不安感を、それに対する風刺も込めて描いています。

本書では、石田さんの代表作とされる作品が次々に登場します。観る者の心を締め付けるような、痛みを伴うものばかりですが、何故か引き込まれてますね。巻末にはアート関係者から寄せられた弔辞のようなテキストも掲載されています。

ご本人も無口な方で、ずっとバイトを続けながら(親からの仕送りも断っていたそうです)作品を描き続け、一部で高い評価を受けながらも、わずか31歳で亡くなってしまいました。こうした現代アートは日本で評価されることは少ないように思いますが、死後に行われた海外のオークションでは、1200万円という高値で落札されたのだとか。切なさが増すエピソードですね。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


公式ホームページから、彼が描いた作品たちが観られるようになっていますので、ぜひご覧ください。

石田徹也の世界 - 飛べなくなった人 -石田徹也公式ホームページ
石田徹也 - Wikipedia


【石田徹也遺作集】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ