2014-01-23

かわいい江戸絵画

話題になった展覧会「かわいい江戸絵画」の図録が書籍化されたもの。ゆるくて可愛いの宝庫!

2013年に開催されて、斬新さが話題になった展覧会「かわいい江戸絵画」。その図録が書籍化されて一般発売されたものです。

円山応挙の犬、歌川国芳の猫、森狙仙の猿、仙厓や白隠の力が抜けるような禅画、与謝蕪村の俳画、観たこともない虎の絵をほぼ想像で描いたもの、自由に遊びまわる子どもたちを描いたものなど、様々なテーマの可愛い絵画が集められています。


説明文:「2013年春、府中市美術館で開催され、その視点の斬新さで大反響を巻き起こした展覧会図録をついに書籍化! ニッポンの宝「かわいい」……その黄金期を江戸時代に見い出し、歴史と造形論理をここに解明。 伊藤若冲の《河豚と蛙の相撲図》と、更なる若冲の新発見作品など2点を加えた計3点を新たに収録。すでに図録に掲載された作品の新規撮り直しも加え、内容と画質は更に充実。」


日本では芸術作品を「かわいい」といった視点で観ることは少なく、芸術的な作品よりも一段低いものと認識されてきました。応挙の子犬などは毛並みのふわふわした感じまで伝わってくる素晴らしい作品にも関わらず、「こんな一面もありました」という扱いを受けてきたそうです。

人がかわいいと感じるシステムには、色んなパターンが考えられるそうですが、その一つの要素として「素朴」があります。当時の絵師はかわいいを意識して描いていなくても、時代が変わって素朴さを感じられるようになると、その瞬間からかわいいへと変容するんですね。

たくさんのかわいい作品を眺められてとても楽しい内容でしたが、改めて円山応挙のすごさに気付かされたような気がしました。楽しそうに遊びまわる子犬を、単なる写生ではなく、絶妙な間引き方で線を減らして描いています。まさにキャラクター化ですね。後々の時代まで、子犬を描く際の「応挙スタイル」のような形で手本にされていったというのも当然でしょう。

また、この本を観て、19世紀の初頭ごろに仙台で活躍した絵師「東東洋(あずまとうよう)」(Wikipedia)方の絵に引き込まれました。この方の作品のかわいさが程よく、鹿を多く描いていたりするのにも親近感を覚えます。

月並みな言い方ですが、現在の「kawaii」を見るまでもなく、日本人のかわいいもの好きは脈々と受け継がれてきたんですね。感心しながら共感できる作品集でした!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【かわいい江戸絵画】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ