2014-01-14

リキテンスタイン NBS-J (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)

漫画的な描写法ベンデイ・ドットで有名なポップアート画家の作品集。90点近く収録しています

漫画のスクリーントーンのような点描「ベンデイ・ドット」の手法を多用したことで知られる、アメリカのポップアート画家「ロイ・リキテンスタイン」(Wikipedia画像検索)の作品集と解説書です。

第二次世界大戦後に活躍した方で、いかにもポップアート的でポスターらしい作品を遺しています。芸術と比べて数段低いものと見られていた広告や漫画を素材として、それをモダニズムにも共通するような手法を用いて、独得の世界観を作り上げました。個人的にも大好きな作家さんです。


説明文:「黒い縁取りと限られた工業的な色、そしてベンデイ・ドット。表現をコラージュや絵画モチーフの向こうにまで拡張する方法を見出したロイ・リキテンスタインの作品について解説。」


本書では、リキテンシュタインの作品90点近くを収録し、作品の解説とともに、時代背景や彼自身の言葉などを紹介しています。漫画の一コマのようなシリーズや、ドットや斜めの直線を多用して部屋を描いたシリーズなど、有名な作品は多数見られますし、あまり知られていないような白黒の小品なども掲載されているのがいいですね。

個人的に一番好きなのは「白のブラッシュストローク」「黄と緑のブラッシュストローク」などのシリーズです。いずれも油彩で描かれているとは思えないような作品で、力強い筆使いをモチーフに、ベンデイ・ドットなどの手法でそれを分解し、再構築しています。現実をポップに広告的に、それでいて深みやSF的なイメージを感じさせないのがいいんですよね。

本書の解説には難解な部分も多いため、私にはすべて理解することは出来ませんでしたが、同時代に同じような手法を用いたアンディー・ウォーホルのリキテンシュタイン評や、点描の画家スーラについての言及など、興味深いところも多かったです。興味がある方は手にとってみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【リキテンスタイン NBS-J (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ