2014-01-07

もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

フランス象徴主義の画家オディロン・ルドンの作品を分かりやすく解説。個人的に好きな絵です

印象派の画家たちと同じ時代に生きながら、幻想的な世界を石版画や木炭画などのモノクロームで描いた、フランス象徴主義の画家「オディロン・ルドン」(Wikipedia)の作品を分かりやすく解説した一冊。初心者向けに編集された内容だけに、彼の代表的な作品はほぼ収録されていますし、作風の変遷も見やすいですね。

ルドンの作品は、前半のモノクロームの時代と、晩年のカラフルな色彩画の時代に分けられます。

若いころに描いた、眼球・気球・顔のある花・奇怪な蜘蛛など、幻想的で奇妙なモチーフの作品群も惹かれますね。ウジェーヌ・ドラクロワやギュスターヴ・モローなどの影響を受けながら、エドガー・アラン・ポーの作品世界に着想を得たものもあり、オカルト的な世界を描いています。

この時期のフランスは、クロード・モネらの印象派の画家たちが登場してきたころですが、それと時を同じくして対極にあるような画家が登場するのも面白いところですね。

そんなルドンは、晩年にはモノクロームの世界観を捨て去り、鮮やかな花を描いた「グラン・ブーケ」といった作品などを描き、高く評価されていきます。幻想的な世界観は共通しているものの、素人目には同じ作家のものとはとても思えません。しかし、どちらのテイストも素晴らしいですね。

個人的に一番好きな作品は、最後のページに掲載してある「キュクロプス」です。山の中に身を潜めるニンフを探して山の頂から顔を覗かせる、一つ目の巨人キュクロプス族。とても奇妙な絵ですが、一つ目の巨人のうつろな目が淋しげで、無邪気ながらもどことなく邪悪で、目が離せなくなります。

この「アート・ビギナーズ・コレクション」は、入門編には最適の内容になっていますので、興味のある方は探してみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ