2013-12-24

フランシス・ベーコン BACON

偉大な現代アーティストの作品集。解説はやや難解ですが、収録点数も多く見やすいです

ねじれた肉塊のような人物図を描く独特な作風の、20世紀を代表する現代画家「フランシス・ベーコン」(1909~1992)(Wikipedia)の作品集です。

現代画家の画集は図書館などでも見つからないことが多く、もっとも手近にあったものを選びました。2007年に発売されたものですが、解説がややアカデミックすぎて、やや理解しづらい感も。これとは別に、「芸術新潮 2013年4月号」のベーコン特集を読み、この本は作品を見るようにしました。

2013年春に30年ぶりの回顧展が日本で開催され、話題になったばかりです(東京国立近代美術館 フランシス・ベーコン展)。残念ながらそれは拝見できませんでしたが、画集などからその世界観に惹かれています。

正規の美術教育を受けておらず、デッサンが下手だったり、ゲイであったり。とても不可思議な人物だったようです。その作品も独特で、人体を描いているはずなのに、極端にデフォルメされ、単なる肉塊のように描かれているものが多いです。

顔は判別できないながらも、明らかに口があり、それを大きく開けて叫んでいるのが伝わってくるのです。ムンクの「叫び」と比べても、地底から聞こえてくるような、心の底からの激しい叫びが感じられ、絶望的なまでの孤独感が伝わってきます。見る者を不安にさせるような、突き動かすような、とてつもないパワーがありますね。

ちなみに、少し前には「フランシス・ベーコンの絵画、約141億円で落札:朝日新聞デジタル」というニュースが話題になりましたね。ベーコンが好んで書いた三部作(トリプティック)形式の「ルシアン・フロイドの三習作」で、オークションの美術品としては、あのムンクの「叫び」を抜いて史上最高額となったそうです。この作品も本書に小さめに収録されていました。

どの画集を選ぶべきかは分かりませんが、ぜひ図書館などで探してみてください。圧倒されます!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【フランシス・ベーコン BACON】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ