2013-10-15

器つれづれ

白洲正子さん愛用の器の写真を、器関連の文章とまとめた一冊。これが遺作だったそうです

白洲正子さんが普段から使用していた器たちを撮影し、発表済みの器関連の文章とともにまとめた一冊。発売は1999年、本書が世に出る直前に白洲さんは急逝なさってしまったそうですから、遺作と言ってもいいかもしれません。

私は白洲さんの著作は数多く読んできましたが、器についての知識が足りないため、これまであまり手にとって来ませんでした。しかし、ここで紹介される器はすべて品良く素朴で、目に優しく手にとっても馴染みそうなものばかり。戦争で疎開して以来、特に素朴なものを好むようになったといいますが、民藝に染まりすぎていない、かといって金持ち趣味が鼻につくような上手物ばかりではない、素朴で美しい焼き物たちが紹介されています。


説明文:「どんなに上等なものでもしまっておいたら必ず顔色が悪くなる…。死の直前まで掌に包み、唇に触れ、慈しんだ"もの"たち。著者が手塩にかけ、磨き、鍛えあげたふだん使いの器150点を写真と随筆で紹介する。」


文章は、骨董の師匠となった青山二郎さんとのエピソードや、好みの器について、信楽の産地を訪ねた話など、器や骨董に対する凛とした姿勢が伝わってくるものばかりです。白洲さんの旧蔵品とともに、その文章が後々まで有難がられるのも納得できるでしょう。

紹介されている器の写真は、食器・酒器・茶器・花器・文具ほかのコーナーに分かれています。またテキストは、骨董とのつき合い・日本人の焼きもの・私と道具・職人のこころ・伝統と創造というパートに分類されて掲載されています。写真も文章も、気の緩んだようなものは一点もなく、どれも素晴らしいものでした。

覚書として『今なぜ青山二郎なのか』という文章の一部を引用しておきます。

「精神は尊重したが、「精神的」なものは認めなかった。意味も、精神も、すべて形に現れる、現れなければそんなものは空な言葉にすぎないと信じていたからだ。(中略)小林(秀雄)さんも青山さんも、ずぶの素人が見ても面白いとわかるものしか認めなかった。逆にいえば、説明つきで感心させるものなんて、死んだ芸だと思っていんたのである。」


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【器つれづれ】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ