2013-09-17

日本の素朴絵

ゆるキャラ・ヘタウマのルーツと思える「素朴絵」の作品集。愛らし可笑しみがあります!

マンガ・ゆるキャラ・ヘタウマのルーツとも思えるような、日本の古典絵画に描かれた「素朴絵」を集めた作品集。絵師の技術が足りないケースもあると思いますが、古くから日本人は素人が描いたような下手な(=ゆるい)絵を愛でる心持ちがあったことを気づかせてくれます。私自身は特にゆるキャラが好きだったりしませんが、この本で紹介されるような素朴絵は大好きですね!


説明文:「いにしえから続くゆるくてかわいい素朴絵の系譜。室町時代のお伽草子にみる稚拙で愛らしい作品や、庶民のために制作されたぬくもりのある社寺縁起絵巻・大津絵、白隠や蕪村ら知識人が描いた自由な禅画や俳画……。リアリズムを突き詰めない、稚拙にも見える素朴な絵は、なぜか人の心を魅了します。写実の対極をゆく「ゆるい美」を認識できる文化は、日本に古くからありました。その「素朴絵」の系譜をビジュアルでたどります。」


本書では、「絵巻と絵本」「大画面の中の素朴」「庶民信仰の温もり」「庶民のための素朴絵」「知識人の素朴」「工芸の素朴美」という6つのパートで構成されています。

仏教絵巻であろうと地獄絵であろうと、下手な絵が描かれていては台なしのような気もしますが、下手な作品が今に伝えられていて、しっかりと美術館に収蔵されていること自体が面白いですね。子供の絵日記レベルのようなものもあったり、妙な可笑しみを感じます。大津絵や白隠、与謝蕪村など、この素朴絵の系譜をたどって行くのも面白そうですね。

古くから中国の文化を受け入れてきた日本ですが、中国やヨーロッパの絵画が「リアルに描くこと」を追求していったのに比べて、日本では逆のベクトルの作品も数多く遺されました。意図したものかどうかは分かりませんが、可愛さやゆるさを求める文化なんでしょうね。海外の方たちにこの本を見せて感想を聞きたいくらいです(笑)

ちゃんと作品の解説や、文化的な背景についての説明などもあり、単なるクスッと笑える本ではなく、考えながらニヤニヤできるようになっています。図書館で借りてきたものですが、個人的に手元に置いておきたいと思わせるような一冊でした!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【日本の素朴絵】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ