2013-06-23

スイッチ!

「変われない」を変える方法。自分を、組織を変えるアプローチが紹介されていて興味深いです

2010年8月発売の本ですが、ここのところ何箇所かでお勧めされていたため、図書館で借りてみました。400ページ近い分厚い本ですが、とても興味深かったです。

本書では、人間の理性を「象使い」に、感情を「象」に例えて説明されています。彼らを上手く導いて、自分の生活習慣やグループの雰囲気などを変えていく「スイッチ」を見つけていく方法を示しています。個々のノウハウは、そういったサイトなどでも見かけることがありますが、系統だって読んでみると色んな発見がありますね。


------
説明文:「問題:映画館でポップコーンを食べる量を減らすには?
答え:容器を小さくする。以上。

●顧客サービスをしない方針の会社が「熱狂的な顧客サポート」に目覚めたのはなぜか?
●これまで住民が気にもとめなかった絶滅危惧種を「国のシンボル」にした方法とは?
●ベトナム戦争時に麻薬依存症だった兵士たちが、帰国後ほとんど更生して社会復帰できたのはなぜか?

会社や人生に持続する変化を起こすのが難しい。その原因はわたしたちの脳の中にある。「象使い(理性)」と「象(感情)」の支配権争いだ。象使いがスリムな体形を欲していても、象はがケーキに飛びついてしまう。頭のいい象使いが変化を求めても、象はいまの手順が大好きなのだ。だが、象と象使いの性格を研究していくうちに、ちょっと工夫するだけで、変化は驚くほど簡単なものになることがわかる。 本書では、大きな権限や強固な意志の持ち主ではない「ごく普通の人たち」が、会社や国を動かすような変化を生み出した例を豊富に挙げながら、それらに共通する「変化のしくみ」を明かしていく。
発売直後にニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルのベストセラー・リストで第1位を獲得。アメリカのビジネス界で大人気のハース兄弟による目からウロコの最新作。」
------

「象使い(=理性)」の長所は先見性。長期的な目的のためであれば、短期的な犠牲も厭わない。賢い戦略も練れるし、目的地までの地図も読める。しかし、体力的に限界があり、曖昧さに直面すると硬直し、解決策を考えずに問題点ばかりをあげつらう。

「象(=感情)」の長所は、その正反対。目の前の欲求には大きなパワーで直進する。象使いの言うことを聞きたがらず、いつもケンカばかりしてしまう。

人を(または自分を)動かすには、この両者を納得させる方法を見つけ出さなければいけません。これは複雑なようで意外とシンプル。本書で紹介されたことと、私が読みながら考えていたことを絡めてメモしておきます。

●理性を無駄に働かさないように、出来ない原因分析よりも、上手くいっている人のやり方に目を向けること(ブライト・スポット)
●選択肢を増やしすぎない。「次の大事な一歩」だけを示すことが重要。貧乏な村の再生には、シンプルに「地元でお金を使おう」でいい
●組織の無駄遣いをアピールしようと思ったら、スプレッドシートに大きな赤い数字を書くよりも、実際に無駄の象徴を見せる方が効果的。「炭酸飲料を飲むな」では感情は納得しないが、「炭酸飲料にはこれだけの角砂糖が含まれています」であれば腑に落ちる。
●「変化を細かくする」ことの重要性。目標までの道のりを細分化して、第一歩目をいかに軽く踏み出せるか。その一歩目は「自動車を修理する」ではなく、「修理店へ電話をかける」と具体的に。
●お店がポイントカードを作るのであれば、スタンプ8個で満タンになる用紙をただ渡すのではなく、10個で満タンになる用紙に最初から2個押した状態で渡す。最初の一歩をこれから踏み出すのはヘビーでも、すでに一歩を踏み出した状態なら続けやすい。

などなど。付箋を貼る場所が多すぎて、まとまらない感じになっていますが、興味深い研究結果と、ユニークなアプローチ事例が多数紹介されています。

ちなみに、私はこの本を読みながら、「地元・奈良に興味を持ってもらう方法」を考えていました。詳しくは明かしませんが、地元の奈良県民の皆さんに無理やりにでも「奈良が好き」と言わせてしまうことから始めるべきなのかと思いました(一度そういう立場を表明すると、どんどん好きになっていくそうです)。そんなことを突き詰めて考えるためにも、この本は再読しておきたいですね。

サブタイトルのように『「変われない」を変える方法』が見つかるかもしれませんので、興味のある方はぜひ!


【スイッチ!】の関連記事

  • 『職業としての小説家 (Switch library)』~村上春樹さんの小説家論。ファンとして、同じ自営業者として参考になります!~
  • 『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』~人気ブロガーさんが語る「生産性を高める」考え方。概ね賛同!~
  • 『ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)』~地方で居場所を見つけようとする若者たちの姿。いろんな気付きがある一冊でした~
  • 『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』~情報をまとめる・発想を引き出す・人に伝える。役立つメモ術いろいろ~
  • 『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』~メモによって思考と感情の言語化トレーニング。発想法として優れてます~
  • 『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』~くじけがちな「早起き」を習慣化するための具体的なノウハウがいっぱい!~
  • 『「ない仕事」の作り方』~マイブームの名付け親・みうらじゅんさんの仕事術「一人電通」の手法とは!?~
  • 『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』~メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊~
  • 『0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる』~バイアスをゼロにして合理的な答えを見つける思考法。個人的にはイマイチ。~
  • 『習慣の力 The Power of Habit』~日常行動の4割以上は「習慣」。膨大な研究結果から改善方法を語った良書です~
  • 『ふるさとをつくる:アマチュア文化最前線』~祭りや劇など、アマチュアの活動で地域を変えた事例を多数紹介。まさに継続は力なり!~
  • 『小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本』~開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ