2013-05-07

さいごの色街 飛田

古い遊郭の雰囲気を残す大阪・飛田のルポ。色んなことを考えさせられる一冊です

現代に残る「色街」、大坂・飛田について、12年もの取材を続けて描いたノンフィクション。女性ライターによる執念の取材ぶりが伝わってきて、迫力がありました。

古い遊郭街の雰囲気を色濃く残し、お店の上り口に強烈な照明を浴びた女性が座り、その横で呼び込みのおばちゃんが道行く男たちに声をかけていく。今なお大阪の天王寺駅のすぐ近くで、そんなスタイルで営業を続けている不思議な場所です。

この界隈で写真を撮ることも許されませんし、基本的には店主もホームページすら開設していなかったというほど対外的に閉ざされています。そんなところへ女性ライターが入り込もうというのですから、並大抵のことではありません。取材依頼は当然のように断られ続け、上手く進展しない様子もリアリティが感じられ、どんどん引きこまれていきます。


説明文:「遊廓の名残りをとどめる、大阪・飛田。社会のあらゆる矛盾をのみ込む貪欲で多面的なこの街に、人はなぜ引き寄せられるのか!取材拒否の街に挑んだ12年、衝撃のノンフィクション。」


私はこの手の風俗本はほとんど読みませんが、以前は遊郭だったという建物は好きですし、飛田地区の不思議な佇まいには興味がありました。一度だけ足を踏み入れたことがありますが、そのあまりの異質な空気に足がすくんだ記憶があります。外野からおそるおそる眺めている私のような人間にとって、及び腰になりながらも取材を進めていく筆者の姿勢は、とても共感できるものです。言い方は良くありませんが「怖いもの見たさを満たしてくれる」という感じですね。

この本では、飛田を利用した経験のある一般男性の体験談を聞いてみたり、中で営業する店主や女の子たちにアプローチしてみたり、取材希望のビラをまいてみたり、求人に電話してみたり、近場のヤクザさんの事務所へ突撃してみたり…と、とにかくありとあらゆる方法で中へ入ろうと試みています。

もちろん成果もありますが、たいていは肝心な点まで切り込めないことが多く、そういった意味ではモヤモヤします。飛田の特殊性による部分もあるのでしょうが、他のルポと比べればその完成度は低いと言わざるを得ません。

しかし、飛田の成り立ちや他の色街との違いなど、この本で得られる情報は膨大です。他の風俗街とはそもそも違った場所であることが十分に把握できました。「飛田の内情を掘り下げる」のではなく、「飛田へ取材を挑んで跳ね返された体験談」として見ると、それはそれでリアルですね(笑)

なお、Amazonのレビューを見るとかなり評価が割れていますが、どちらの言い分もよく分かります。長い間粘り強く取材したことは称賛に値しますし、情報量もすごいです。しかし、突っ込み不足であり、取材中に時おりウソを交えたりする(そしてそれを本の中で明かす)姿勢に対しては疑問が残ります。

そんなことを踏まえながらも、私個人的にはとても興味深く読めましたし、色々と考えさせられました。

なお、筆者も後書きで書いていますが、飛田という場所は、客として行くならともかく、興味本位で行くような場所ではありません。決して安全な場所とは言えませんのでご注意ください。


【さいごの色街 飛田】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ