2013-04-13

よくわかる日本建築の見方 (楽学ブックス)

寺院・神社。住宅・城郭。ややこしい日本建築を図と画像で分かりやすく解説した一冊

マニアックなテーマを分かりやすく教えれくれる「楽学ブックス」シリーズ。寺院・神社。住宅・城郭と網羅した、この日本建築の回も、分かりやすくて図と画像を用いてあり、面白く読めました。建物の特徴を知るだけではなく、これを現地へ持って行ってガイドブックとして使用したくなるような内容ですね。


説明文:「古寺めぐりや古都散策に必携の古建築入門。寺社別や時代別の分類ではなく、建物の用途と様式別に、寺院・神社・城郭・住宅といった日本建築を、現存する代表的な建築を例に紹介。構造や特徴、時代ごとの様式の変化や建築用語を、豊富なビジュアルとともに解説している。問合せ先や交通アクセスなど、各建築を訪れる際に便利な情報も掲載した。」


個人的に一番好きなのは、第1章の「寺院建築」ですが、法隆寺金堂(飛鳥様式)、浄瑠璃寺本堂(和様)、浄土寺浄土堂(大仏様)、功山寺仏殿(禅宗様)、鶴林寺本堂(折衷様)などを例に、時代ごとの特徴がはっきりと指摘されているのがいいですね。

木鼻・虹梁・蟇股など、見て面白いパーツ類も簡単に指摘してくれていますし。組物の特徴、それぞれの見分け方なども分かります。最初はパーツの名前が分からないのはもちろんですし、そのちょっとした違いに気づくようになるまでが大変なんですが、この本はかなり分かりやすい部類でしょう。

第2章「神社建築」については、伊勢神宮正殿(神明造)、出雲大社本殿(大社造)、上賀茂神社本殿(流造)などの定番的な内容です。第3章「住宅建築」では、町家が紹介されていたり、窓と建具の分類があったり。第4章の「城郭」のコーナーもありますが、これはややページ数が不足気味で物足りない印象でした。

とりあえず、ややこしい単語はたくさん出てきますが、ほとんど図や写真入りで解説されていますし、「お寺も神社もお屋敷も周りたいけど、まだ良くわからない!」という方のガイドブックにはちょうどいいでしょう。見比べて行くと古建築は本当に面白いですから、ぜひそんな世界に足を踏み入れてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【よくわかる日本建築の見方 (楽学ブックス)】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ