2013-01-30

河鍋暁斎―奇想の天才絵師 (別冊太陽)

超絶技巧を持つ奇想の天才絵師。狩野派から浮世絵までなんでもありなすごい人!

幕末から明治にかけて活躍した「河鍋暁斎(かわなべきょうさい)」(Wikipedia)の作品と、その生涯を分かりやすく解説した一冊。160点ほどの作品を収録し、作品や人となりを適度に解説していく、別冊太陽らしいとても豪華な仕上がりです。

河鍋暁斎は、まさに「なんでもあり」な奇想の天才絵師。最初は浮世絵師・歌川国芳に学び、後に狩野派へ。さらには他の流派や洋画的な手法も取り入れて、ありとあらゆる画風に取り組んだ方です。私のような素人目にも、その技術が優れているのは明らかですし、古典的な日本画から浮世絵、思わず笑ってしまうような戯画、地獄絵・美人画・宗教画・春画など、何でもこなしているんですね。

明治時代のお雇い外国人で、鹿鳴館などを設計した「ジョサイア・コンドル」(Wikipedia)もその門弟だったというのですから、当時から高い評価を受けていた方だというのは間違いありません。

この時代に「奇想の画家」と呼ばれる方は何名も存在しますが、その中でも特に風変わりで、特に面白い作品を遺しているかもしれません。現代のイラストレーターに通ずるような軽やかさが感じられます。興味がある方は、まずは図書館などで作品集を探してみてください。あまりの多彩さに驚かれると思います!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【河鍋暁斎―奇想の天才絵師 (別冊太陽)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ