2013-01-25

イケ麺!

全国ローカル「地麺」を巡るレポート。テレビでお馴染みの勝谷誠彦さんのご著書です

コメンテーターなどでお馴染みの勝谷誠彦さんが、全国に食べ継がれてきた「地麺」を紹介する一冊。雑誌「旅」の連載記事をまとめたもので、2006年発売。やや情報が古くなっている可能性はありますが、麺好きな人間にとっては堪らない内容ですね。B級グルメブームに乗って登場したご当地麺とは違い、麺に地場の特産品が練り込んであったり、食べ方が独特だったりと、全く知らない麺の世界が紹介されています。


説明文:「日本のどこかで、私を待っている「イケ麺」を求めて→雑誌、テレビなどで活躍中のコラムニスト・勝谷誠彦による、全国食べ尽くし麺道中!この国で生まれ、食べ継がれてきた「地麺」こそが「イケ麺」である。横手市・太田市の焼きそば、長崎のちゃんぽんといった「メジャー麺」から、熊本の太平燕、長崎のシモン麺などの知られざる「イケ麺」まで、食べに食べたり約百種。ガシリとした歯応えのコシ、つるりとした喉越しの「イケ麺」を求めて全国津々浦々。「麺の国」日本の心を探る。カラー写真多数掲載。」


北海道から沖縄や韓国まで、全国15エリアでのレポートが収録されています。例として、個人的に少しは馴染みのあるエリアの内容を挙げてみます。

●「三重のイケ麺」四日市市の手延べ冷麦、伊勢市の伊勢うどん
●「大阪のイケ麺」大阪市北区の特製シチューうどん、藤井寺市の湖布うどん、大阪市東住吉区のかすうどん
●「新潟のイケ麺」十日町市のへぎそば、新潟市のイタリアン、新発田市の稲穂ラーメン、長岡市のイタリアン

有名どころから、聞いたことがないようなものまで。日本人は本当に麺が好きなんですね。麺料理はバリエーションも豊富ですし、基本となるそば・うどん・中華であっても、あらゆる変化球が存在しています。実際に食したら違いが全く分からないのかもしれませんが、いつか食べ歩いてみたいですね。

なお、勝谷氏は最近でこそ政治方面の活動が目立ちますが、もともとはコラムニストとして活躍していた方です(Wikipedia)。趣味の鉄道関係やグルメ関係の著作もあり、讃岐うどんを味わう団体「麺通団」に関わっていたり、自らうどん店の経営に携わったりという経歴の持ち主なのです。食のレポートもさすがですからご安心くださいw


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【イケ麺!】の関連記事

  • 『地元パン手帖』~日本全国のレトロな「地元パン」がずらり!見ていて楽しい一冊です~
  • 『うまい日本酒の選び方 (日本酒テイスティングBOOK)』~日本酒の基礎知識と全国の美味い200銘柄を紹介。解説も丁寧で初心者にも分かりやすい内容です~
  • 『ゼロから始める日本酒入門』~日本酒の用語などを丁寧に解説。個人的に他のどの本よりも圧倒的に分かりやすかったです~
  • 『散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)』~池波正太郎さんの食エッセイ。ふらっと蕎麦屋へ入ってお蕎麦で一杯。憧れます!~
  • 『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』~男性ライターがチェーン店について思うままに。時間の経過が感じられて妙な味わい深さに~
  • 『英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)』~イギリス人ライター一家が日本の食を味わい尽くした100日間。話題の書だけに面白い!~
  • 『日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ』~関西の33の酒蔵を丁寧に取材し、やわらかいイラストと文章で紹介。読みやすくて実用的!~
  • 『四時から飲み: ぶらり隠れ酒散歩 (とんぼの本)』~林家正蔵さんが夕方4時から飲める店を教える一冊。魅惑的!日本酒が飲みたくなります!~
  • 『簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。』~ジャーナリスト・佐々木俊尚さんが「食」を語る一冊。やや読みづらいですが共感できます~
  • 『全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~』~飲食チェーンの本店・1号店を巡る旅。「和食さと」1号店は橿原北店だとか!意外!~
  • 『にっぽん全国 百年食堂』~椎名誠さんが全国の百年近く続く大衆食堂をめぐった一冊。肩の力を抜いて気軽に読めます~
  • 『山小屋ごはん』~山小屋でいただける美味しいご飯を紹介。男くさくて素っ気ない山のお料理はそそられます!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ