2013-01-11

もっと知りたい酒井抱一―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

江戸琳派の祖となった酒井抱一の作品を分かりやすく。弟子の鈴木其一の作品も掲載

江戸時代後期に生きた、絵師であり俳人でもある「酒井抱一(さかい ほういつ)」(Wikipedia画像検索)について、初心者に分かりやすく解説された一冊。尾形光琳を崇拝し、琳派の雅な画風をさらに洒脱に進化させ、江戸琳派の祖となった人物です。

私は美術史についてはほぼ知識がないので、その作品や画風についてほぼ知らないまま手にとってみましたが、イメージにある「これぞ琳派」という作品もあったりするんですね。もうちょっと時代を遡って琳派の系譜をだどってから観た方が楽しめたかもしれません。

名門武家である酒井家に生まれ育ち、若いころは遊郭に通って風雅をも介し…と、その生い立ちを見ていると、(剣の腕が立つかは分かりませんが)時代劇の主人公のよう。そんな男が後に出家し、私淑していた尾形光琳の百回忌を開催するなど、プロデューサーのような活動も行っています。数多くの門弟を抱え、後に江戸琳派の祖として崇められるようになるのですから、この人の人生は面白いですね。

その作品は、いかにも琳派なものから、仏画や大和絵まで多種多彩。「波図屏風」「紅白梅図屏風」などの銀地の作品が見事ですね!本書では、最後の1章分を弟子の中でも最も高名な「鈴木其一(すずききいつ)」(Wikipedia画像検索)について割いていて、両者の作品を比較できるのも面白いですね。

いずれにしても、まだ酒井抱一のすごさと良さを理解できたとは言い難いレベルですので、また後で読みなおしてみたいと思います。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【もっと知りたい酒井抱一―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ