2012-11-04

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

江戸時代の奇想の絵師の再評価につながった、40年前のエポックメイキングな一冊

本書で取り上げられているのは、岩佐又兵衛・狩野山雪・伊藤若冲・曾我蕭白・長沢芦雪・歌川国芳の6名の江戸時代の絵師。いずれもクセの強い絵を描いており、近代ではその存在が忘れられかけていました。しかし『美術手帖』の1968年の連載記事をもとにした本書が出版されたこともきっかけとなって再評価が始まり、今ではみな前衛的な奇想の絵師として人気を博しています。

今から40年も前の内容ですし、文庫本化されてからも10年以上がたっていますので、内容にやや古い記述も見られますが、美術史のエポックとなった貴重な内容であることは間違いありません。

紹介文:「意表を突く構図、強烈な色、グロテスクなフォルム―近世絵画史において長く傍系とされてきた岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳ら表現主義的傾向の画家たち。本書は、奇矯(エキセントリック)で幻想的(ファンタスティック)なイメージの表出を特徴とする彼らを「奇想」という言葉で定義して、“異端”ではなく“主流”の中での前衛と再評価する。刊行時、絵画史を書き換える画期的著作としてセンセーションを巻き起こし、若冲らの大規模な再評価の火付け役ともなった名著、待望の文庫化。大胆で斬新、度肝を抜かれる奇想画家の世界へようこそ!図版多数。」

正直なところ、今小さな文庫本で読んでみても図版は見づらいですし、私のような初心者にはやや難解なところもあります。ここで取り上げられた絵師たちは今では大人気となっており、それぞれの解説書や画集が気軽に手に入ります。初心者の方にはフルカラーの分かりやすい内容のものから読み始めた方がいいでしょう。

sかし、具体的で興味深いエピソードも多く収録されています。曾我蕭白のところでは、ボストン美術館の某氏が来日してその収蔵品について紹介を受け、「この本の図版に間に合わせることができた」と言っているのが、大作「雲龍図」です。この作品はボストンに渡った後、ニセモノ扱いされて長い間倉庫に眠っていたのを再発見されたばかりだったとか。今では蕭白の代表作とされる作品ですが、わずか40年前にはこんな状況だったんですね。歴史を感じました(笑)


【奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ