2012-10-13

伝統工芸 東北のこけし

東北のこけしの画像をずらりと並べた圧巻の写真集。不思議な温かみと魅力があります

平成20年に出版された、東北のこけしの写真集。最近はちょっとした「こけしブーム」のようですが、私はほぼ何の知識もありません。図書館でこの写真集が目に入ったので、気軽に借りてみましたが、なかなか面白いですね。同じようにみえるこけしたちも、ちゃんと系統があって、見比べてみると違いが分かります。

本書は、こけし収集家のコレクションの中から、主に戦後に作られたものを掲載しています。全部で182ページあり、140ページほどは純粋に写真のみ、巻末にはこけし作家さんのリストまで掲載されています(ただし、この本の出版後に東北を大震災が襲いましたので、数年前のリストながら現状はどうなっているのか想像もつきません)。

冒頭に簡単にこけしの歴史や分類などに触れられていますが、その内容はあっさりしたものです。他の参考書類の名前も挙げられていましたから、より詳しく知りたい方はそちらも合わせて読むといいでしょう。

分類の中身を見ると、福島県土湯温泉を中心とした「土湯系」、宮城県遠刈田温泉を中心とした「遠刈田系」、宮城県白石市の部落名からとった「弥治郎系」、有名な宮城県の鳴子温泉で作られる「鳴子系」など、様々な分類があるようです。その中で、さらにどこのお土産物屋さんで販売されているのかなどの小分類があります。

素人目には、系統だった違いは分かりませんが、顔立ちからボディー部分の形状まで、色んな違いがあるんですね。現在の可愛いからはかけ離れた表情のものなども見つかり、ちょっと笑ってしまうほどです。それなりにお値段も張る写真集ですから、まずは図書館などで探してみるといいでしょう。今なぜこけしがブームになっているのか、少しだけ分かるような気がしますよ。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【伝統工芸 東北のこけし】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ