2012-09-06

迷宮美術館 アートエンターテイメント

NHKで放送されていた番組の書籍化。絵画鑑賞の初心者さんの入門書に最適です

NHKで放送されていたアートエンターテイメント番組「迷宮美術館」の内容をまとめて、読みやすい大型本にしたもの。『怖い絵』シリーズのように、絵画が描かれたエピソードや秘話を解説してくれて、なかなか楽しく読めました。私はこの番組は数回しか観ていませんが、番組中にスタジオゲストへのクイズなどが差し込まれるようですので、本で読むだけで十分なような気がします。

取り上げられているのは、私のような初心者にも分かりやすいような名画が中心です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』、点描で有名なスーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』、葛飾北斎『』富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』などの絵画的なテクニックの解説や、ピカソ、モネ、ルノワールに関わった女性たちの話、発表当時に話題になった作品たち、アメリカとフランスで争奪戦となったミレー『晩鐘』など、歴史に翻弄された絵画たち。

どれも分かりやすい解説と、興味をひきやすいエピソードが選ばれていて、最後まで飽きずに読めました。西洋絵画に苦手意識のある方も少なくないと思いますが(私もそうでした)、この本などから絵画が描かれた歴史的背景や当時の世相、作者のエピソードなどを交えて絵を見てみると、より理解が深まります。

「絵を見るときには余計な情報を入れず、見たまま感じたままを楽しむのがいい」という向きもあると思いますので、そこまでこだわらない方はこんなアプローチをしてみてもいいですね。サクサクと気軽にページをめくれますので、図書館などで探してみてください。


【迷宮美術館 アートエンターテイメント】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ