2012-08-11

バツイチおへんろ

38歳・バツイチのフリーライターの、ライトな「歩き遍路」エッセイ

38歳・バツイチの売れないフリーライターが、四国八十八ヶ所の歩き遍路を行ったエッセイです。著者さんには特に信仰心があるわけではありませんが、68日かけて88ヶ所の札所と、別格20ヶ寺を回っています。

彼女は、10年前に旅先で出会ったイギリス人と結婚し、1年ほど前に離婚したばかり。収入も乏しく、一時はパート生活などもしていましたが、一念発起してスペインの有名な巡礼道「サンティアゴ巡礼」900kmを完歩したそうです。そして、編集者さんからの依頼もあり、次は日本で四国八十八ヶ所霊場をまわることになったのだとか。単に歩くこと自体が目的なわけですから、大した予備知識もありませんし、納経も途中で止めてしまっています。

ツイッターでつぶやきながら、夜には宿でブログを更新しながら、そして時には雑誌の連載仕事もこなしながらの歩き遍路ですから、一日の移動距離は20㎞ほど。かなりゆっくりとしたペースで旅を続けています。この企画自体が「TVブロス」のモバイルサイトでの連載として行われたため、おそらく毎晩、iPod touch+ゴム製の巻けるキーボードを駆使して原稿を送信していたのでしょう。

こうした連載ものの常として、今日は何を食べた、誰とこんな話をした、天気が良くて助かったというような日記になりがちで、お寺の情報などはほぼありません。歩き疲れた夜に、詳しい資料に当たることも難しいでしょうから、ブログでの連載形式ではこうなりがちですね。その日にどこの札所をお参りしたのかすら書いていない日も多く、実際に歩き遍路をしようと思う方には、感じの良い宿泊先を探すくらいしか役に立たないと思います。

しかし、離婚や仕事、将来の不安などの共感ポイントが散りばめてあるため、つい応援したくなってしまいます。私としては、もうちょっと真面目にお参りしてくれた方が感情移入しやすいんですが、この本を手に取るような女性読者さんには、このくらいのライトさが丁度いいのかもしれません。

(ちなみに、この歩き遍路の途中、第六十番札所・横峰寺を目指す道中に遭難してしまい、警察が出動する騒ぎまで引き起こしているのがさらにアレですが…。)

お遍路に行ってみたい私のような自営業者にとっては、彼女のスタイルは羨ましくもあり、あまりのぬるさを批判したい気分になったり、かなり複雑です。軽い旅エッセイとして読めばそれなりに楽しめますので、気軽に読んでみてください。


【バツイチおへんろ】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ