2012-08-03

横尾忠則 Y字路

モチーフは「Y字路」。現場の写真とドロー作品を見比べる不思議な作品群

2006年に発売された大型美術書(お値段5,250円)。どこにでもあるような「Y字路」をモチーフに、現場の写真とそれを元に描いた作品を並べ見比べるようになっています。横尾忠則さんというと、ポスター的な手法を用いたビビッドな作品が好きですが、こうしたドロー作品もすごいですね。

子供の頃に通っていたY字路にたつ模型店を夜に訪ねたところ、すでに取り壊されていたことから、この企画が始まったとか。懐かしいはずの場所なのに、ノスタルジーは消え失せ、普遍的な夜のY路地に変容していたことから、私意識から切り離された普遍的なものとしてY路地を描いたのだそうです。

どこにでもあるような普遍的な夜のY路地でありながら、もとの画像を見る限りでも同じものはひとつとしてありません。それを写実的に描いたり、油絵的に描いたりすることで、無限のバリエーションが生まれています。さらには、そこにはないバラの花、遊ぶ子供の姿、不思議な影などを書き込むことで、より非日常性が際立っています。作者は普遍性を求めながらも、どれひとつとして凡庸な風景に収まっていないのです。とても興味深い作品集でした。

なお、この本が手に入りづらいようであれば、同じテーマを扱った『東京Y字路』を探してみるといいかもしれません。いずれにしても高額本ですから、まずは図書館で探してみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【横尾忠則 Y字路】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ