2012-06-06

地獄絵 (ビジュアル選書)

生前にしっかり「地獄」を知る価値はあると思います

聖衆来迎寺(滋賀県大津市)が所蔵する「六道絵」をもとに、そこで描かれたシーンを丹念に見て、地獄とはどのようなものなのかをビジュアル多めで解説していく一冊です。

基本的な構成は、まずは見開き2ページで地獄などの各ステージ(?)の内容を紹介し、その後の数ページで、六道絵を拡大しながら解説していくようになっています。さすがに古い絵ですから、ビジュアル的な恐怖は少なめですが、その設定を読むとエグいことこの上ないですね。人々が「地獄に落ちたくない」と願ってきたのも当然の、つらい責め苦が延々と続きます。

ちなみに、最近、人気マンガ家・東村アキコさんの『ママはテンパリスト』の中で、「子どもを泣き止ませる絵本」として紹介されてから、『絵本・地獄 千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵』( http://goo.gl/gyKz3 )が売れ続けているそうです。私たちが幼い頃は、知らないうちに地獄のイメージがあって、それを恐れていたものですが、今のお子さんにもそれは有効でしょう。この絵本は読んだことはありませんが、トラウマにならないように読み聞かせるのはいいことなのかもしれません。

(※本書は2011年4月の発売なので、決してブームに乗った便乗本ではありません)

その内容は、まずは閻魔庁でのお裁きの様子が描かれ、次は地獄道・修羅道・餓鬼道・畜生道・人道・天道と、各レベルの解説があります。圧巻なのは、レベルに応じて計8種類もある地獄道でしょう。等活地獄・黒縄地獄・衆合地獄・阿鼻地獄と、4種類の地獄が、それぞれ10ページ近くも割かれて、丁寧に説明されています。

生前の罪状によって、いろんな地獄に振り分けられるのですが、そこでの苦しさはどれも並大抵のものではありません。これはすごいと思ったものだけ挙げてみます。

●他家の子どもを辱めた者は、鬼によって自分の子どもが陰部を責められる様子を見せられる。その後、自分の体をひっくり返されて、高熱で溶かされた銅を肛門に流し入れられる。銅は内蔵を焼きつくして口から出てくる
●男色をした者が落ちる地獄では、眼前に相手が現れ、見ているだけで体が熱くなる。それに耐えながら抱こうとすると、熱で体が砕け散ってしまう
●獄卒が白骨化した罪人に「活々」と唱えると赤子の姿で生まれ変わり、延々と責め苦は続けられる
●8種類の地獄の中で最下層にある阿鼻地獄(別名:無限地獄)では、その他の全ての責め苦を合わせたさらに千倍の苦しみがある。この地獄にたどり着くだけで、2千年もずっと落下し続けることに!

「何だそれ?」「ただのイジワル?」と思うような地味なものもありますが、そんな責め苦を延々と繰り返すのが地獄の醍醐味(?)です。死後、地獄へ落ちたりしないよう、普段の行動から気をつけましょう!


【地獄絵 (ビジュアル選書)】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ