2012-06-04

月岡芳年の世界

最後の浮世絵師で、最初のイラストレーター。充実の作品集

幕末から明治にかけて活躍し、「最後の浮世絵師」とも「最初のイラストレーター」とも呼ばれる「月岡芳年」( http://goo.gl/KTRW , http://goo.gl/5JUfC )の画集です。178ページにも及ぶ大作で、お値段は1万円。図書館で借りてきましたが、お値段分の充実した内容でした。

月岡芳年は、幕末期に活躍した鬼才・歌川国芳の門下生で、歴史絵から美人画や役者絵、合戦絵など、様々な浮世絵を描いてきました。しかし、その中でも最も有名なのが、いわゆる「無残絵」と呼ばれる、血のしたたるシーンを描いたシリーズ『英名二十八衆句』です。江戸川乱歩や三島由紀夫など、著名人からも愛されました。グロテスクで生々しい絵ですが、独特の艶っぽさと怪しげな魅力があるんですね。

彼が活躍した時代は、幕末から明治にかけて。浮世絵は古い文化として廃れてきている頃です。こうしたインパクトのある作品を送り出すことが生き残りの手段だったのでしょう。当時は最も売れっ子の浮世絵師とされました。しかし、神経衰弱におちいって絵が描けなくなるなど、苦難の連続でもあったようです。

この他にも、今でも見かける機会の多い神武東征の一場面を描いた『大日本名将鑑』の神武天皇の絵や、妊婦を天井から吊るす鬼婆を画題とした『奥州安達がはらひとつ家の図』(当時は発禁処分を受けたそうです)などが有名でしょう。

月岡芳年の作品集としては、おそらく最も充実したものだと思いますので、興味のある方はまずは図書館で探してみてください。ただし、作品の大多数は流血シーンとは無縁の浮世絵ですので、グロ系画像がお好みの方には物足りなく感じられるかもしれませんので、あしからず。


【月岡芳年の世界】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ