2012-06-01

芸術新潮 2012年 05月号 [雑誌]

「まだ村上隆が、お嫌いですか?」という挑発的な特集です

芸術新潮2012年5月号。大特集は「まだ村上隆が、お嫌いですか?」という挑発的なタイトルになっています。

私は、現代アートの知識は全くありませんので、村上隆さんというアーティストについては、「海外で評価されている」「オタク文化を芸術に利用したとして、一部から非難されている」このくらいの認識でした。しかし、この本でその歩み、言葉などを見ていくうちに、次第に好感を持つようになりました。いわゆる日本人が思い描く芸術家とは正反対のベクトルで、ビジネスとしての芸術を成り立たせようとしている方なんですね。

彼は、「オタク文化の搾取者」「商業主義者」などと批判されてきました。『芸術起業論』という著作があるくらいですから、もちろん商業主義者であり、それを隠しもしていません。

特集の冒頭から、カタールで展示されるために作成された、村上氏が描いた「五百羅漢図」が紹介されています(それも折込ページで全図が見られます)。毒々しいまでのポップな色調、人を喰ったような表情の尊者はカンフーに興じていたり、本来の五百羅漢図とはかけ離れています。その大きさは100メートル!スタッフやボランティアを合わせて、のべ200名以上が関わって完成させたとか。これだけの人間がかかわるというのも信じられないことですが、彼が目指すのは「現代の狩野派」のようなプロダクション製なのです。

デフォルメされた日本のアニメキャラのようなDOB君、お花にスマイリーな笑顔が書かれた作品、オタク文化をネタにしたフィギュア群、ヴェルサイユ宮殿にも飾られた巨大オブジェなど、その作品は様々で掴みどころがありません。

タイトルの「まだ村上隆が、お嫌いですか?」に答えるとするならば、「痛快です。もっとやれ!」というところですね。ただし、「その作品を手元に置きたいか?」と聞かれれば、「No」と答えるでしょう。その考え方には共感できる部分も多いですから、これからは注目してみたいと思います!


【芸術新潮 2012年 05月号 [雑誌]】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ