2012-04-16

とんまつりJAPAN 日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)

みうらじゅん氏の魅力が凝縮!日本の奇祭を巡ってます

みうらじゅん氏が日本全国の奇妙な祭り「とんまつり」(=とんまな祭り)を訪ね歩いた作品。初出は、1998年の『小説すばる』での連載というのも不思議な感じがしますし、文庫版の表紙のデザインは横尾忠則氏、解説は荒俣宏氏と、無駄に豪華なのも面白いですね。お祭りをテーマにした内容ですから、詳しいことは不明ながら、10年以上経っているとはいえ、今でもほぼ同様の内容で開催されているものが多いと思われます。全く古さも感じさせませんし、こんな奇妙なお祭りの数々が、今でも日本で続いていることに驚かされます。

冒頭は、いきなり奈良・金峯山寺の「蛙跳び行事」から。仏像目当てに購入した吉野本の中で、カエルの着ぐるみを着た奇妙な神事の紹介を見つけたことから、この連載がスタートしたというほど、みうら氏に強烈なインパクトを与えたビジュアルです。その結果、這うようにして歩くカエルを見て、「カエルはフツー、“ピョン ピョン”じゃないのか!? おいっ! オレはその飛びを期待して、はるばる東京からやって来たんだぞ!」という残念な結果に終わったりしていますw

それ以降も、奈良県明日香村・飛鳥坐神社の露骨な夫婦和合が演じられる奇祭「おんだ祭り」はもちろんのこと、愛知県犬山市の「姫の宮 豊年祭り」と小牧市の田縣神社で行われる「田縣祭り」(2日連続しています)、和歌山県日高郡川辺町(現在は日高川町)の白塗りのおじいさんが笑いまくる「笑い祭り」など、世の中には奇妙なお祭りがたくさんあることが分かります。

また、今ほどインターネットで簡単に情報が手に入る時代ではありませんから、名前の面白さにつられてはるばる行ってみたら、意外と小じんまりとしていてガッカリする…というパターンも少なくありません。そんなものも含めて、大の大人が馬鹿をやっている姿はやっぱり面白いですね。未読でモノ好きな方はぜひ!


【とんまつりJAPAN 日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ