2012-03-14

平山郁夫・絹の道から大和へ―私の仕事と人生 (講談社カルチャーブックス)

シルクロードで有名な画伯が自らの作品などを振り返った一冊

シルクロードの風景を描いた一連の作品などで知られている故平山郁夫さん。その作品を年代別に紹介しながら、ご本人が製作過程などを振り返った一冊です。奈良の人間にとっては、薬師寺の玄奘三蔵院の巨大壁画でお馴染みですが、この本はちょうどその製作を行なっていた時期に発刊されたものです。

私はこれまで、氏の作品は目にしていたものの、このような本を手にとったのは初めてです。もちろん最初から画題にシルクロードを選んでいたわけではなく、初期の頃は仏教色の強い作品を発表していらっしゃいました(『仏教伝来』『求法高僧東帰図』『入涅槃幻想』など)。一般に知られているタッチとは違いますが、仏教誕生の頃の様子を幻想的に描いていて、これも素晴らしいですね。

その後、毎年のようにシルクロードの源流をたどって西域に分け入り、その風景を作品として発表していきます。入国も難しかった頃のことですから、人々の目には今以上に衝撃的な風景に写ったでしょう。そんな風景と並行しながら、藤原京や大仏殿、薬師寺や斑鳩の塔など、奈良に題をとった作品も数多く発表されています。

この本自体はかなり古いため、今でも見つかるかどうかは分かりませんが、奈良好きな方は、平山郁夫さんの作品集を手にとって見てください(図書館に必ずあります)。静まり返った古い京都の、乾いた空気が伝わってくるようで、本当に感動的ですよ!


【平山郁夫・絹の道から大和へ―私の仕事と人生 (講談社カルチャーブックス)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ