2012-02-27

寺社の装飾彫刻―宮彫り‐壮麗なる超絶技巧を訪ねて

まさに超絶技法!神社仏閣の建築装飾の傑作を集めた写真集

江戸時代から、神社仏閣の建築装飾として取り入れられるようになった、華やかな「建築彫刻」を集めた写真集。全国111の寺社から、まさに傑作と呼ぶべきものが700枚もの写真で紹介されています。

そもそも、寺社仏閣の建築彫刻は、江戸時代初期、あらゆる装飾技法を駆使した「日光東照宮」が造営されてから幅広く用いられるようになりました。流れとしては、安土桃山時代~江戸初期には華やかな彩色入りのものが、それ以降の質素倹約を求められた時代には素木のものが増えたのだそうです。しかし、有名な「眠り猫」を彫ったとされる名工・左甚五郎ですら、まだ実在の人物だったのか確定してないのだとか。仏像彫刻と比べて、スポットライトが当たることの少ないジャンルだったのです。

私のような関西在住の人間にとっては、至近距離に名刹が存在し、古建築も古の仏像も身近に感じています。しかし、このような寺社の華やかすぎるほどの建築装飾や、全く方向性は違いますが、素朴な円空仏などは近くには存在せず、東の方たちを羨むばかりです。

本書に収められている写真を見ていくと、四角四面だったはずの柱が、完全に昇龍になっているなどというのは当然で、板一枚にも丁寧に彫刻が施してあり、まさに「過剰の美」が感じられます。ある意味では病的と思えるような綿密さで、キッチュでサイケデリック。ガウディーの一部の建築物を見ているような気分にさえなりました。

彫刻のテーマも驚くほど様々で、木鼻が獅子や象になっていたり、力神が軒を支えていたりするのはもちろん、中国の「二十四孝」や、日本の昔話、庶民生活などを題材とした絵巻物のような世界も描かれています。さらには、日露戦争当時の軍人を描いたものまであるそうです。驚愕してしまいますね!

図書館で見つけてすぐに借りてきましたが、圧倒的な迫力で驚きました!お値段が5千円近くしてしまうので、気軽に買いづらいのですが、ぜひ手元に置いておきたくなります。


【寺社の装飾彫刻―宮彫り‐壮麗なる超絶技巧を訪ねて】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ