2012-02-23

日本神話とアンパンマン (集英社新書)

着眼点とタイトルの勝利。内容はやや大人しめでした

強烈なタイトルで、中古で見つけて即書いした新書本。筆者は古事記や日本書紀など、日本の神話の研究者さんで、お子さんと一緒に毎日のようにアンパンマンを観ているのだとか。この双方の世界観に共通点を見つけ、「『それいけ!アンパンマン』という作品の神話的研究」を目的としているそうです。

項目を見ていくと、古事記とアンパンマンを登場人物・世界観などから比較するのはもちろん、「ばいきんまん・ドキンちゃんとヒメヒコ制」(男女が一対で現れることなど)、「スサノオとホラーマン」(物語を彩るトリックスターとして)、「旅人たちの目指すもの」(アンパンマンの世界には定住しない旅人が多い)など、なかなか面白いお題目が並んでいます。

ちなみに、私は全く知らなかったのですが、アンパンマンの登場人物は、この本が執筆された時点(2006年)で、すでに2,300人を超えていたのだとか!とんでもない数ですね。それらを大まかに分類し、パン工場があるこの国、バイキン島がある異界、時々登場する外国に分けて古事記との共通性を見ていくと…というような分析方法をとります。また、卵から生まれたばいきんまんに対して、古事記のアメノヒボコの逸話を比較したり…と、やや強引な感はありますが、面白いですね。

ただし、アンパンマンの世界を紹介しながら、メインは古事記の物語を分かりやすく紹介することなので、どうしても古事記を扱った部分が多めになり、ややアンバランスに感じてしまいます。

しかし、なかなか奇抜で意欲的な取り組みですし、こんなアングルから古事記を見てみるのも悪くないかもしれませんね。ものすごく面白い…とはとても言えませんが、Amazonなどで格安で中古が手に入りますので、興味のある方はどうぞ!


【日本神話とアンパンマン (集英社新書)】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ