2012-01-31

大和古物散策

「奈良」と「なんでも鑑定団」好きな方は必読の書です

奈良好きで、毎週「なんでも鑑定団」を見ているような方に最適の一冊。奈良にまつわる古物の世界を、興味深いエッセイとして読ませてくれます。個人的にはとても楽しく読了できました。

好評だったようで、シリーズとなってこの後も「大和古物漫遊」「大和古物捨遺」と2冊の続編が出版されていますし、奈良本コーナーに並んでいるためよく書店などで目にしていました。しかし、著者の「岡本彰夫」さんが、春日大社の権宮司の方だと知りませんでした!テレビなどで春日大社が紹介される時など、必ずといって言いほど登場なさる方です。古社の神職の方ともなれば、普段から古物に触れる機会は圧倒的に多いのでしょうが、古物商にまで出入りなさっているとは知りませんでした。

本書で取り上げられた物は、様々です。

●奈良絵・鹿の角細工・赤膚焼・奈良茶碗・奈良人形・古墨など、まだ比較的馴染みのあるもの
●幣箱・丁字風路・鈴石・琴乳など、名前を聞いてもピンと来ないようなもの
●森川杜園・奥田木白・内藤淇園など、奈良検定でしか名前を聞いたことが無かった方々

いずれも写真入りで、4ページ程度の短めの読み物になっているため、最後まで飽きずに読めます。奈良は歴史ある土地だけに、そこで使用される道具類も様々ですし、古物となると複製品や模倣品などが出まわり、そんなエピソードも何度も登場してきます。古道具に興味のある方にオススメです。


【大和古物散策】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ