2012-01-27

マンガでわかる 百人一首

初心者に最適。とても分かりやすい百人一首の入門書です

タイトルに「マンガでわかる」とありますが、漫画やイラスト、テキストを使い分けて、とても分かりやすく百人一首を解説してくれる一冊。何の知識もなかった私ですが、歌の内容はや歌人の背景はもちろん、百人一首の大まかな成り立ちや歴史なども学べて、入門書としては最適でした。

百人一首は、藤原定家によって鎌倉時代に編まれました。収録された歌は、天智天皇、持統天皇の時代から、平安・鎌倉時代の歌人まで含まれ、時代順に百人の歌が並んでいます。私は普段は万葉集の歌を見ていますが、それと比べると後世に作られた歌は、どれもテクニカルで上手いもの、現代人にもより分かりやすいものが増えています。また、これだけ親しまれてきたのは、競技かるたとして遊ばれてきたことも大きな要因でしょう。

●奈良を詠んだ歌
「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」持統天皇
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」安倍仲麿
「嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり」能因法師
「いにしえの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな」伊勢大輔

●有名歌人の有名な歌
「花の色は『うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせし間に」小野小町
「嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな」西行法師
「ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」紀友則

どれも聞いたことのあるような歌や歌人ですね。それぞれ歌の意味や、歌が詠まれた背景が解説されていくため、とても親しみやすく感じられました。興味がある方は手にとって見てください。


【マンガでわかる 百人一首】の関連記事

  • 『ドラマティック百人一首 (だいわ文庫)』~気軽に読める百人一首の解説本。歌の意味や背景など艶っぽい話も交えながら分かりやすく~
  • 『義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))』~吉野が舞台の有名な演目を、美しいイラスト入りで。源平入り乱れてファンタジックで悲劇的!~
  • 『妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)』~天智天皇の御代を描いたファンタジックな歌舞伎作品。艶やかな絵入りで楽しく読みやすい!~
  • 『會津八一のいしぶみ』~会津八一さんの歌碑50基を紹介。学術目的ではなく、偉大な先生のファンブックのよう!~
  • 『竹取物語: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~池田理代子さんが古典『竹取物語』を漫画化。手堅くまとまって読みやすいです~
  • 『西行を歩く―さすらいの歌僧を追う旅』~吉野山の桜を愛した平安時代の歌僧・西行。その足跡を丹念にたどった読み応えのあるルポ~
  • 『平家語物 (上)―マンガ日本の古典 (10) 中公文庫』~横山光輝さんの作!古典を漫画で分かりやすくするシリーズですが、やや詰め込み過ぎかも?~
  • 『今昔物語(上)―マンガ日本の古典 (8) 中公文庫』~「今ハ昔」から始まるエログロ説話集を、水木しげる先生が漫画化。大人の読み物です!~
  • 『別冊太陽 西行 捨てて生きる (別冊太陽 日本のこころ 168) 』~花を愛でた歌人・西行の事績をまとめた一冊。奈良とも特に縁の深い方です~
  • 『古地図で歩く大江戸捕物帳―半七、鬼平の舞台を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 12)』~半七捕物帳・鬼平犯科帳・警視庁草紙の舞台を巡ります~
  • 『お能の見方 (とんぼの本)』~白洲正子さんがお能の見方を解説。省略と移植。幽玄の極みです~
  • 『日本ノ霊異ナ話』~「日本霊異記」のエピソードを小説に。不思議テイストです~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ