2011-12-04

芸術新潮 2011年 10月号

世界遺産に登録された「奥州平泉とみちのくの仏たち」特集

芸術新潮2011年10月号「奥州平泉とみちのくの仏たち」。世界遺産に登録されて注目を集める奥州平泉と、震災の被害が懸念されているみちのくの仏さまの特集です。

私は東北へは一度も行ったことがないので、このエリアの仏さまに関しては全く知りませんが、芸術新潮の仏教美術の特集は読みやすくていいですね。ディープに掘り下げ過ぎずに、上手く情報をまとめてくれるので、知識が薄い人間でも興味を持ちやすくなっています。

まずは「奥州藤原氏とは何ぞや?」というところから始まって、その時代背景を解説。そして大判の写真を用いながら美しい仏さまたちを紹介していくスタイルになります。中尊寺金色堂や毛越寺の仏さまはもちろんですが、

岩手・天台寺の、表面にさざ波のような彫り跡を残す鉈彫りの聖観音さま、みちのくと縁の深い坂上田村麻呂を模したと伝わる毘沙門天像、宮城・双林寺のハンサムなお薬師さま、山形・慈恩寺の慶派仏師の手による十二神将像など、素晴らしいですね!さらに、中尊寺所蔵の仏教美術品(紺色の紙に金字で描いた経や絵画など)なども興味深かったです。いつか必ずお会いしに行きます!

後半の小特集にもロートレックが登場したり、なかなか満足度が高い一冊でした。


【芸術新潮 2011年 10月号】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ