2011-11-25

幕末の修羅絵師 国芳 (とんぼの本)

異能の浮世絵師・歌川国芳の作品を解説した入門書

江戸末期に活躍した異能の浮世絵師・歌川国芳の作品を解説した一冊。武者絵・美人画・風景画・風刺画・春画など、様々な画題を描いた方だけに、その全体像を掴みづらいのですが、本書では分かりやすく解説しています。だいぶ古い本ですし、120ページに満たないためやや収録点数は物足りないですが、概要を掴むのには最適でしょう。

江戸末期、長い下積み時代を経て、名門の歌川一家の人気浮世絵に成り上がった国芳ですが、まさに「宵越しの銭は持たない」という江戸っ子気質を持つ親分肌だった反面、晩年は精神を病んでしまう一面もあったとか。そんな人柄も伝えられます。

この本にあった後輩絵師の歌川芳年と比較した一文が、国芳の仕事をよく表現しています。「“近代挿絵”としては芳年の方が分かりやすくて面白いだろうが、しかしそれでも、“絵画”としては、国芳の方がずっと優れているのだ」。もちろん下手なわけではなく、近代の西洋絵画の画風を取り入れても、国芳は国芳。全て味のある浮世絵になってしまうのが面白いところであり、本人の悩みだったのかもしれません。

もう一箇所、有名な国芳の金魚を擬人化した絵について、ディズニーのファンタジアと比較して、「結局、国芳には“女子供”の感覚がないのだ。全部“男”の感覚でやってしまう。どこまでいっても“鉄火”で、そこに“洒落っ気”はあるけれども、“ユーモア”はない」。まさにその通りだと思います!

…と、全然褒めてないですけど、歌川国芳の作品は見れば見るほど面白いですので、この本に限らずとも、図書館などでぜひ関連本を探してみてください!


【幕末の修羅絵師 国芳 (とんぼの本)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ