2011-11-19

信貴山縁起絵巻―躍動する絵に舌を巻く (アートセレクション)

まさに日本のSFの原点!国宝の絵巻物の面白さが分かります

奈良の信貴山にある「朝護孫子寺」に伝わる、国宝の絵巻物「信貴山縁起絵巻」の全てを掲載し、解説してくれるビジュアル本。実物も模写も、これまでに何度も拝見していますが、3巻構成の長い絵巻物だけに、その全てを見たことはありませんでしたので、とても面白く読めました。

信貴山縁起絵巻は、12世紀に成立しており、「伴大納言絵巻」「源氏物語絵巻」並ぶ三大絵巻とされるもの。信貴山の中興の祖とされる僧・命蓮(みょうれん)が起こした奇跡を伝える説話絵巻です。作者は誰かは分からず、18世紀に朝護孫子寺にあったという記録の前は、全くの不明なのだとか。

絵巻の中では、最初の巻にあたる「山崎長者の巻」が最も有名でしょう。金色の仏鉢に乗って米倉が空を飛び、後に大量の米俵が戻っていく様子は、躍動感があって印象に残ります。改めて本で見てみると、校倉造りの倉の描写の緻密さや、登場人物のユーモラスな表情、場面変転の際の風景画の見事さなどが、存分に伝わってきます。連続して飛ぶ米俵の描写など、この絵巻物がただ古いだけではなくかなり上手いことが、私のような素人にも分かります。

また、ストーリーは醍醐天皇の病気の治癒を加持祈祷で治し護法童子が現れる「延喜加持の巻」、命蓮の故郷・信濃から姉が訪ねてきて再開する「尼公の巻」(東大寺の大仏さまも登場します)と続きます。実物ではこれだけしっかりと細部まで見ることはできませんから、とても興味深いですね。この本を読んでから実物を見ると、より一層楽しめるでしょう。


【信貴山縁起絵巻―躍動する絵に舌を巻く (アートセレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ