2011-09-09

日本の名景 塔 (Suiko books―日本の名景 (130))

日本国内の国宝・重文クラスの「塔」90基の写真集

日本国内にある、国宝・重文クラスの「塔」を90基収録しています。一つの塔に対して1ページ(または2ページ)で、簡潔な説明文を添えています。個人的に、とても塔の造形は好きなのでとても楽しめましたし、見てみたい塔が全国に多数あってウズウズしました!

私は奈良に住んでいるため、ここに掲載されている県内の塔はほとんど見てきています。法隆寺を含む斑鳩三塔・當麻寺の双塔・興福寺・薬師寺・談山神社など、奈良は本当に塔が多く残されている土地で、とても愛着もあります。普段はなかなか話題にならない、百済寺(広陵町)の三重塔や、大きさに目を見張る根来寺(和歌山県)の大塔なども掲載されているのも嬉しいですね。

しかし、東北や甲信越、中国地方などにも、とても美しい塔がたくさん存在することに驚きました。日本唯一の禅宗様の八角形の塔である、安楽寺(長野県)の八角三重塔。雄々しく立つ羽黒山(山形県)の五重塔、桜に囲まれた厳島神社(広島県)の多宝塔、屋根の反りが美しい瑠璃光寺(山口県)の五重塔など、まだ見ていない素晴らしい塔はいくつでもあります。いつか塔めぐりに出かけてみたいくなります。

また、当然のことですが、掲載写真が美しいんです。時間帯やアングルによって組物が黒く潰れてしまったり、全体が白っぽく写ったりと、塔の撮影は難しいものですが、さすがですね。季節を変えて天候を見ながら、何度も撮影にトライしたとのことですが、どれも本当に美しい姿にとらえられています。同じ「日本の名景」シリーズで、庭・水・富士なども発刊されているそうですから、そちらも見てみたいですね。


【日本の名景 塔 (Suiko books―日本の名景 (130))】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ