2011-08-20

能にアクセス (劇場に行こう)

難解な「能」の世界を分かりやすく。入門書に最適です

古典芸能をわかりやすく解説したシリーズの「能」版。私は全く能に関する知識が無かったので、ある能関係の本を読むために事前に読んでみました。他との比較が出来ませんが、難解に見える能の入門書としては最適でした。

独特の用語や劇場ガイド、おすすめの曲とその詞章集など、観劇前の準備の第一歩になりますね。何の予備知識もなく劇場にいったら、私レベルではまず理解出来ないでしょう。しかし、独特のストーリー展開方法や、名作と呼ばれる作品のあらすじを知っておくだけで、ぐっと身近に感じられました。

●日本の伝統芸能の中でも、歌舞伎は誇張した演技や演出があるのに対して、能は省略可・抽象化したものが多い
●能の曲は、ほぼ室町~安土桃山時代に作られたもの。現在も演奏されているのはそのうちの240曲ほど
●ストーリーは「夢幻能」と呼ばれるものが大多数。「旅人が土地の者と会い、ゆかりの人物や出来事の話を聞く。実はそのひとこそがゆかりの人そのもの。 -中入り- 旅人の夢の中にその人が現れて、昔の出来事を舞ってみせる」という構成

初心者の私にはこの辺りからして驚きでした。あと、演目に源平モノが多いので、その辺りの知識もあった方がより楽しめると思います。

奈良は能(大和猿楽四座から)発祥の土地ですし、興福寺の薪御能(5月11日・12日)などもあるので、いつか行きたいと思います。


【能にアクセス (劇場に行こう)】の関連記事

  • 『ドラマティック百人一首 (だいわ文庫)』~気軽に読める百人一首の解説本。歌の意味や背景など艶っぽい話も交えながら分かりやすく~
  • 『義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))』~吉野が舞台の有名な演目を、美しいイラスト入りで。源平入り乱れてファンタジックで悲劇的!~
  • 『妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)』~天智天皇の御代を描いたファンタジックな歌舞伎作品。艶やかな絵入りで楽しく読みやすい!~
  • 『會津八一のいしぶみ』~会津八一さんの歌碑50基を紹介。学術目的ではなく、偉大な先生のファンブックのよう!~
  • 『竹取物語: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~池田理代子さんが古典『竹取物語』を漫画化。手堅くまとまって読みやすいです~
  • 『西行を歩く―さすらいの歌僧を追う旅』~吉野山の桜を愛した平安時代の歌僧・西行。その足跡を丹念にたどった読み応えのあるルポ~
  • 『平家語物 (上)―マンガ日本の古典 (10) 中公文庫』~横山光輝さんの作!古典を漫画で分かりやすくするシリーズですが、やや詰め込み過ぎかも?~
  • 『今昔物語(上)―マンガ日本の古典 (8) 中公文庫』~「今ハ昔」から始まるエログロ説話集を、水木しげる先生が漫画化。大人の読み物です!~
  • 『別冊太陽 西行 捨てて生きる (別冊太陽 日本のこころ 168) 』~花を愛でた歌人・西行の事績をまとめた一冊。奈良とも特に縁の深い方です~
  • 『古地図で歩く大江戸捕物帳―半七、鬼平の舞台を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 12)』~半七捕物帳・鬼平犯科帳・警視庁草紙の舞台を巡ります~
  • 『お能の見方 (とんぼの本)』~白洲正子さんがお能の見方を解説。省略と移植。幽玄の極みです~
  • 『日本ノ霊異ナ話』~「日本霊異記」のエピソードを小説に。不思議テイストです~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ