2011-07-18

古事記 (まんがで読破)

時間のない受験生用や、他の古事記本の副読本くらいなら

古典を読みやすくする「まんがで読破」シリーズの古事記版。あの膨大な古事記の内容を、わずか185ページにまとめるのですから、普通にストーリーは追いません。学生たちのレポートを先生が手助けしてまとめていく、という形で内容を紹介していきます。細かいところには触れていないため、内容の概略としては不完全でしょう。古事記を楽しむための最初の一冊としては、あまりオススメできません。

しかし、エピソードを「読み解く」という形式になっているため、「生まれた神々の名前を音読みすると、家作りの基本が示されている」「ヤマタノオロチは川の氾濫を表している」など、違った解釈を提示してくれています。この本を読んでも、とても古事記を読破したとは言いがたいですが、読み解き方が分かるメリットはありますね。

また、最後には、倭建命(ヤマトタケルノミコト)の逸話で19ページ、神功皇后で14ページで紹介されていますが、やはり全体的に駆け足です。時間のない受験生用や、他の古事記本の副読本くらいと考えると丁度いいでしょう。


【古事記 (まんがで読破)】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ