2016-12-03

日本人はどこから来たのか?

日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!

日本人の祖先となった人はどんなルートで日本へやって来たのか?この問いについて最新の研究成果をもとに解明に挑んだ一冊。

この時代のことはほとんど知識がありませんが、奈良県などが参加する「第4回古代歴史文化賞」の優秀作品賞に選ばれたため手にとってみましたが、ダイナミックで読み応えたっぷりでした!


説明文:「約10万年前、アフリカを出た私たちの祖先は、4万8000年前、ヒマラヤ山脈を挟んで、南北に別れて拡散、1万年後、東アジアで再会する。そして、私たちの遙かなる祖先は、古日本列島に、3ルートから進出した。3万8000年前の航海術の証拠そして実験、世界各地の遺跡の年代調査比較、DNA分析、石器の比較研究。国立科学博物館気鋭の人類学者の重層的な調査によって浮かび上がる日本にいたる人類の「グレート・ジャーニー」その新たなる仮説―。」

・はじめに 私たちはどこから来たのか?
・第1章 海岸沿いに広がったのか?
・第2章 私たち以前の人類について
・第3章 ヒマラヤ南ルート
・第4章 ヒマラヤ北ルート
・第5章 日本への3つの進出ルート
・第6章 対馬ルート、最初の日本人の謎
・第7章 沖縄ルート、難関の大航海
・第8章 北海道ルート、シベリアからの大移動
・第9章 1万年後の再会
・第10章 日本人の成立


人類の祖先となるホモ・サピエンスは、アフリカから大陸を通ってアジアの東端の日本までやって来ます。その際、これまではインドなどの海沿いを伝って東進したという説が主流でしたが、筆者はその説のような「ヒマラヤ南ルート:のみではなく、「ヒマラヤ北ルート」も使われたことを主張しています。

当時は現在よりも気温が数度低い氷河期で、海面は下がり、島々もつながっている場所も多かったそうです。そんな状況でも、極寒のシベリアなどにまで人類は進み、そこで生活した痕跡があるのだとか。ご先祖様はすごいですね!

また、日本へ渡ってくるルートは、まずは対馬から、その後で沖縄へ海洋航海(!)してきた者たちが現れ、その後で北海道ルートから入った痕跡が見られるとか。

本書ではもちろんこんなざっくりとした説明ではなく、調査結果をもとに理論が組み立てられていますが、簡単には信じられないような壮大なシナリオでちょっとびっくりしますね。世界地図も把握していない現生人類の祖先が、とにかく新天地を求めて遠くへ遠くへ進む様子を想像すると畏怖の念すら覚えます。

この説が学会内でどんな位置づけなのかは分かりませんが、私は手に汗を握りながら一気に読み終えました。歴史があまり得意じゃない方でも楽しめる内容だと思いますのでお勧めです!

なお、筆者を中心とした国立科学博物館では、本書の説を実証するプロジェクト「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を行います。クラウドファンディングなども利用して実現にこぎつけ、その様子はネット中継もされるとか。こちらも合わせて注目したいですね。


【日本人はどこから来たのか?】の関連記事

  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~
  • 『平城京の住宅事情: 貴族はどこに住んだのか (歴史文化ライブラリー)』~「平城京は身分が高いほど一等地を与えられた」こうした通説を再検討。とても興味深い内容でした~
  • 『水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門』~遺跡のトイレ跡から当時の人々の生活を調査。素朴な水洗トイレなど面白い!良書です!~
  • 『謎の古代豪族 葛城氏(祥伝社新書326)』~天皇家の外戚として栄えながら、突如滅亡した葛城氏。その実像に丹念に迫った一冊~
  • 『はじめての土偶』~奇抜な造形が愛らしい!ビジュアル多めの初心者にもお勧めの「土偶」ガイド本です!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ