2015-10-16

歴史のなかの石造物: 人間・死者・神仏をつなぐ

石仏や五輪塔などが造立された歴史的背景について解説。やや難解でした

各地に残された層塔や石仏、五輪塔などの石造物。何らかの祈りや思いが込められて造立されたものであることは間違いありませんが、その背景までは想像することはありません。本書では、石造物造立に至るさまざまな歴史的背景について、分かりやすい文章で語られています。

私のレベルではすべて理解できたとはいえませんが、前半は奈良の石造物に関する記述が中心のため、興味深く読了しました。


説明文:「中世に造られ今も各地に残る、層塔・石仏・五輪塔…。当時の人々は“石”にどんな思いを込めたのか。文献資料を駆使し、石造物造立の背景にあった人間と異界・死者・神仏が複雑に織り成す濃厚で複雑なストーリーを描く。」


本書は、冒頭に記されたエピソードからとても興味深いものとなっています。13世紀、九条道家の兄・慶政(けいせい)が、家に仕える者の21歳の妻に取り付いた、比良山の大天狗(愛宕山の太郎坊と並び称される「次郎坊」)から聞いた話を紹介しています。

まず、天狗をなだめるための提案として、お社を建て官位をさずけることを提案したが拒否されてしまいます。そして、内容をこのように変更しました。「高さ一丈六尺(約480cm)の十三重石塔を建立しましょう。石塔は(腐らないので)不朽の功徳だからです。禽獣(とりやけもの)ですら、その傍に近づくだけで煩悩や罪や穢れを祓うことができます。」大天狗もこれを受け入れ、この塔は実際に建立されます(場所は不明)。

天狗との約束で塔を造立するのは異例なのかもしれませんが、こんな記録もあるんですね。

このエピソードに登場する慶政は、中国で石塔を見てきた人物で、熱心な聖徳太子信仰の持ち主だったため、当時の法隆寺修造事業にもかかわりました。親しかった明恵上人のための宝篋印塔を造立したともいわれているそうです。

第1章 慶政と石塔(明日香村・於美阿志神社の石塔などを参考にした)
第2章 貞慶と石造物(快慶作とされる一針薬師笠石仏、達磨寺の再興など)
第3章 京極氏信と三基の宝篋印塔
第4章 凝然と瀬戸内の石造物

前半は中世の達磨寺再興のエピソードなども丹念に語られています。石造物の銘文や古文書などを読み解いて、その時代背景を読み解く試みはとてもスリリングですらあります。確定された事実とは言い切れないものの、これまで名前も知らなかったような中世の工人の業績がつながっていくようで、物語を読むように楽しめました。

テーマがテーマですから、決して読みやすいものではありませんが、興味のある方はぜひ!



【歴史のなかの石造物: 人間・死者・神仏をつなぐ】の関連記事

  • 『歴史のなかの大地動乱――奈良・平安の地震と天皇 (岩波新書)』~奈良時代に頻発した地震は宮廷にどのような影響を与えたのか?良書です!~
  • 『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」 (中公新書)』~6つの国史についてエピソードとともに分かりやすく解説。良書!~
  • 『怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書)』~中世の人々にとって怨霊とはどういう存在だったのかをわかりやすく~
  • 『寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)』~公家と武士に匹敵する力を持った中世の寺社。その成立過程を解説した良書~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『歴史のなかの石造物: 人間・死者・神仏をつなぐ』~石仏や五輪塔などが造立された歴史的背景について解説。やや難解でした~
  • 『将門伝説の歴史 (歴史文化ライブラリー)』~叛逆者・英雄・祟り神。丁寧に文献にあたり平将門の乱とその後を解き明かした良書です~
  • 『平安朝 皇位継承の闇 (角川選書)』~暴虐や狂気じみたとされる、平城・陽成・冷泉・花山天皇らの真の姿を検証。興味深いです~
  • 『跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)』~オカルトではなく、非業の死を遂げた人物が「怨霊」とされる過程を解き明かした真面目な一冊~
  • 『検証 平城京の政変と内乱 (学研新書)』~長屋王や藤原広嗣など、奈良時代の六つの政変を独自の視点から解釈。気づきのある一冊~
  • 『大仏再建―中世民衆の熱狂 (講談社選書メチエ)』~困難を極めた中世の大仏再建。大勧進職・重源上人を取り巻く時代背景を丹念に追った良書~
  • 『古地図とめぐる東京歴史探訪 (ソフトバンク新書)』~明治初期の地図をもとに、東京の道・城跡・古墳・人物を訪ね歩くブラタモリ的な一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ