2017-01-08

歴史のなかの大地動乱――奈良・平安の地震と天皇 (岩波新書)

奈良時代に頻発した地震は宮廷にどのような影響を与えたのか?良書です!

奈良時代から平安時代にかけてに相次いだ、日本列島を襲った地震や噴火、津波などの自然災害に、天皇や民衆はどう感じ、どう対処したのか。これまであまり見られなかったアングルから古代を俯瞰し、とても興味深い内容でした。



奈良・平安の世を襲った大地の動乱。それは、地震活動期にある現在の日本列島を彷彿させる。貞観津波、富士山噴火、東海・東南海地震、阿蘇山噴火……。相次ぐ自然の災厄に、時の天皇は何を見たか。未曾有の危機を、人びとはどう乗り越えようとしたか。地震噴火と日本人との関わりを考える、歴史学からの新しい試み。

「内容紹介」より


のどかに見える奈良時代は、政治闘争が絶えず、天皇家や古代豪族たちが暗闘を繰り返した時代です。そうした人間同士の争いは歴史書でよく観られますが、その動きに大きな影響を与えているのは天変地異でしょう。

七世紀末ごろから、アジアで大規模な地震が頻発したそうです。最初の一撃となったのは、664年に新羅を襲ったマグニチュード6.3の地震でした。これは日本が唐・新羅の連合軍と戦って大敗を喫した「白村江の戦い」の翌年のことでした。

これ以来、678年の筑紫地震、684年の南海地震と伊豆神津島の大噴火、701年の丹後地震、715年の遠江・三河地震、734年の河内・大和地震など、大規模な自然災害が続きます。

災害による直接的な被害も大きいのですが、当時の宮廷人たちは道教的な思想も持ち合わせていて、「天は王の不徳を正すために天変地異を起こす」という考え方もありました。こうした思想は、長屋王が政治を司った時代に強く観られ、元正天皇は地震の後に「政治の問題点があれば積極的に上申せよ」との詔を発しています。

また、恨みを持って亡くなった政敵が怨霊と化して災害を起こすということも恐れられており、災害が起こるたびに天皇は自らの非を悔いていたのです。単なる宮廷内の人間ドラマだけではなく、こうした考えを持っていたことを覚えておくと、まったく違った印象になるでしょう。

本書では、史書などから災害の歴史を丹念に掘り起こし、最終章では、地震神が災いを防ぐ地主神に、雷神は水神となり治水を司る神に変容していく様子なども語られています。

これまでとは違った視点で古代史をみられるきっかけになってくれた良書でした!


【歴史のなかの大地動乱――奈良・平安の地震と天皇 (岩波新書)】の関連記事

  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『写真集 美しい刑務所 明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』~美しい近代建築の姿を収めた写真集。関係者さんの温かいコメントも必見!~
  • 『世界一やせる走り方』~「痩せるためにどうやって走ればいいか」を真っ向から考察した良書~
  • 『住み継ぐ―藤岡建築研究室の改修・再生と新築―』~町家の改修・再生の10軒の実例。古材を活かした「住み継ぐ」価値のある家の美しさは感動的です~
  • 『旅人と地元人の洞川の本』~旅人と地元民。それぞれの視点から語る洞川。行者さんへのインタビューも掲載!~
  • 『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)』~奈良の舞台にした短編小説集。青春あり、SFあり。奈良好きは必読の面白さ!~
  • 『大安寺の歴史を探る 大安寺歴史講座2』~謎の多い大安寺の歴史をわかりやすく。いろんな気づきがありました!~
  • 『今昔 奈良名所』~中世からの「奈良の名所」案内。豆知識がいっぱいで楽しめます!~
  • 『遣唐使 阿倍仲麻呂の夢 (角川選書)』~阿倍仲麻呂の生涯に、万葉学者・上野先生が真っ向から挑んだ力作!~
  • 『応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)』~ややこしい京都の大乱を扱いながら、大和の描写も多く読み応えあり!~
  • 『ぼく、ニホンオオカミになる!!』~東吉野村のコンテスト最優秀作品。優しいお話で感動しました!~
  • 『正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)』~正倉院宝物181点を厳選し、分かりやすく解説。バランスが見事な良書!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ