2016-10-14

正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)

行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書

正倉院に保管されている「正倉院文書」について、わかりやすくその魅力を解説した一冊。


宝物が収められた正倉院に、なぜか大量の古文書が遺されており、まとめて「正倉院文書」と呼ばれています。そこからは当時の法律や行政など、地方行政レベルの重要文章があり、その裏面を再利用してまたこまごました文章が書かれていたりシます(役所内での欠勤届など)。

正倉院展で見たとしても、他のきらびやかな宝物と比べると見方も分かりづらいものですが、本書ではその楽しさが存分に伝わってきます。


説明文:「日本史の研究では、平安時代より奈良時代のほうがよくわかると言う。正倉院文書があるからである。美しく飾られた天皇や皇后の肉筆、戸籍などの公文書もあれば、下級役人の昇進嘆願書や盗まれた物を捜すための休暇願、待遇改善を訴えるメモも残されている。華やかな東大寺大仏開眼の模様、クーデターの内実、さらには庶民の衣食住まで、バラエティ豊かな文書から天平の息吹きを感じてみよう。あわせて流出した文書の謎も解明。」


●序章 正倉院文書の世界
●第一章 聖武天皇と光明皇后
●第ニ章 大仏開眼
●第三章 国家と百姓
●第四章 中央官制と地方行政
●第五章 造寺・造仏と写経─国家プロジェクト
●第六章 国家プロジェクトを支えた人々
●第七章 天平の国際交流
●終章 正倉院文書研究をめぐる環境


天平時代は紙は高級品でしたから、正倉院文書の表には当時のお役人たちが税収や戸籍などを記した正式な文章などが書かれています。それらは所定の期間だけ保管されると(戸籍の場合、6年ごとに作り直され、30年間の保存が義務付けられていたとか)、裏側を再利用されます。

それは払い下げられた反故紙ですから、役所内の事務的な文章に使われたりします。当時の写経所に働く人々の生活がリアルに伝わってくるような内容が残っていたりして、これがめっぽう面白いんですよね。

写経所に勤めていた人々は、現代で言うところの「首都の役場に勤務する臨時職員」というようなイメージなんだとか。サラリーマンの悲哀が伝わってきます。

とはいえ、第一章から第五章までは、やや硬めの内容が続きます。公的な文章から当時の様子を知る、というようなイメージですので、もっと手軽に読みたいかたは、序章→第六章という順番で読むと分かりやすいかもしれません。

発掘される木簡や、なぜか遺された古文書など、古代の人々のリアルな生活が伝わってくるものはわくわくしますね!興味のあるかたはぜひ!


【メモ】造石山寺の別当だった「安都雄足」という人物は、続日本紀などにはまったく登場しないものの、正倉院文書には何度も名前が見られるこの世界の有名人なのだとか。写経所の舎人だったり、越前の国に赴任したり、造東大寺司の主典、法華寺金堂の造営の別当などと出世しながら、個人的な経済活動(私出挙=高利貸し)もやっていたりしたとか。藤原仲麻呂に重用されたものの、滅びたあとは記録から見えなくなるそうです。とても興味深いので、また詳しく調べてみます!


【正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)】の関連記事

  • 『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』~人気番組を書籍化。ファンなら楽しめる裏話も多く盛りだくさん!~
  • 『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』~出久根達郎さんが奈良の名奉行の日常生活を日記をもとに小説化。面白い!~
  • 『古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社』~春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『d design travel NARA』~独自視点の奈良ガイド。見逃しがちな「奈良らしさ」が再発見できます~
  • 『鷗外「奈良五十首」を読む (中公文庫)』~正倉院の開封に立ち会っていた森鴎外が詠んだ奈良の歌。丁寧に解説した良書~
  • 『奈良の朝歩き、宵遊び (奈良を愉しむ)』~奈良の美しい朝、しっとりした夜。古都の新たな魅力に気づく一冊~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『おとなの奈良 絶景を旅する (奈良を愉しむ)』~奈良の絶景を美麗な写真とテキストで。ただ「美しい」以上の価値があります!~
  • 『意外な歴史の謎を発見!  奈良の「隠れ名所」 (じっぴコンパクト新書)』~ディープな奈良ネタが満載!付箋紙をいっぱい貼りたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ