2015-01-26

跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)

オカルトではなく、非業の死を遂げた人物が「怨霊」とされる過程を解き明かした真面目な一冊

タイトルからしておどろおどろしいですが、決してオカルト的な内容ではありません。時の権力者から排除され、非業の死を遂げた歴史上の人物たちが、後に「怨霊」として認識されていく過程を解き明かした、興味深い内容です。

同様のものはこれまで何冊か読んできましたが、いずれも古代が中心でした。本書では、「日本史上最大の怨霊」とまで呼ばれる崇徳院や、後鳥羽上皇、後醍醐天皇など、中世以降の記述が多めです。


説明文:「長屋王、菅原道真、崇徳院…。非業の死を遂げ、祟りや災いを起こした怨霊は、為政者により丁寧に祀られた。虚実とりまぜて論じられがちな怨霊の創出と鎮魂の実態を実際の史料に基づいて辿り、怨霊を時代の中に位置づける。」


●藤原四兄弟を疫病で葬ったとされる長屋王
●実兄・桓武天皇を震え上がらせた早良親王
●宮中の落雷から雷神として恐れられた菅原道真
●日本最大の怨霊とさえ呼ばれる崇徳院 など

過去には、非業の死を遂げたがために、死後に災いをもたらす「怨霊」とされた方たちが何人もいます。

奈良時代ごろは、恨みを残しながら死に追いやられたものは、その当事者だけに祟るものとして考えられていました。

しかし、平安時代になり、中国の影響から「災異は天皇の不徳から起こる」という思想になり、怨霊がさまざまな社会的な怪異を引き起こすとされます。「怨霊の存在を認めること=政治の誤りを認めること」だったため、その霊を鎮めることは最終手段だったのだそうです。

今の時代から考えると、疫病の流行や天変地異の発生は自然現象です。しかし、科学が未発達の時代にはそれを怨霊のためとし、それを祀ることで災いを治める必要がありました。庶民からもそう求められますし、それが為政者の最大の仕事でもあったのです。

まるで、日本の歴史は「政争と怨霊」がセットになっているようで、何とも不思議な世界に思えますが、こうしたアングルから歴史を眺めるのも面白いですね。とても真面目な良書ですのでぜひ!


【跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)】の関連記事

  • 『歴史のなかの大地動乱――奈良・平安の地震と天皇 (岩波新書)』~奈良時代に頻発した地震は宮廷にどのような影響を与えたのか?良書です!~
  • 『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」 (中公新書)』~6つの国史についてエピソードとともに分かりやすく解説。良書!~
  • 『怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書)』~中世の人々にとって怨霊とはどういう存在だったのかをわかりやすく~
  • 『寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)』~公家と武士に匹敵する力を持った中世の寺社。その成立過程を解説した良書~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『歴史のなかの石造物: 人間・死者・神仏をつなぐ』~石仏や五輪塔などが造立された歴史的背景について解説。やや難解でした~
  • 『将門伝説の歴史 (歴史文化ライブラリー)』~叛逆者・英雄・祟り神。丁寧に文献にあたり平将門の乱とその後を解き明かした良書です~
  • 『平安朝 皇位継承の闇 (角川選書)』~暴虐や狂気じみたとされる、平城・陽成・冷泉・花山天皇らの真の姿を検証。興味深いです~
  • 『跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)』~オカルトではなく、非業の死を遂げた人物が「怨霊」とされる過程を解き明かした真面目な一冊~
  • 『検証 平城京の政変と内乱 (学研新書)』~長屋王や藤原広嗣など、奈良時代の六つの政変を独自の視点から解釈。気づきのある一冊~
  • 『大仏再建―中世民衆の熱狂 (講談社選書メチエ)』~困難を極めた中世の大仏再建。大勧進職・重源上人を取り巻く時代背景を丹念に追った良書~
  • 『古地図とめぐる東京歴史探訪 (ソフトバンク新書)』~明治初期の地図をもとに、東京の道・城跡・古墳・人物を訪ね歩くブラタモリ的な一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ