2015-01-03

大阪夜景

ひたすら大阪の夜景を紹介する写真ガイド本。バリエーションも豊富で、さすが大阪です!

ひたすら大阪の夜景を紹介する写真ガイド本。大阪を9つのエリアに分け、高いところから見下ろした見事な夜景写真を中心に、港や空港、街中など、バリエーションに富んだ夜景たちを紹介しています。

私はそれほど夜景に興味があるタイプではありませんが、「さすが大阪!」と、その美しさに何度も感心しました。


説明文:「国内で最も派手で変化に富むと言われる、大阪の夜景。その選りすぐりのスポット情報を、美しいデジタル写真とともに紹介する、初めての大阪夜景ガイド。大人気サイト《大阪 at Nightー大阪の夜景―》を運営する写真家が、自分の足で探し出した、新たな鑑賞ポイント情報も満載。あべのハルカス展望台からの夜景写真も収録、今年の夏の夜が三倍楽しくなること間違いなしの、光と闇のページェント、新しい大阪イメージの誕生。」


筆者さんは、人気の夜景サイト「大阪 at Night -大阪の夜景-」を運営なさっている方だとか。その中から、厳選した写真を選んで紹介しているため、どれも迫力があります。

大阪の夜景の魅力とは「バリエーションの豊富さ」なのだとか。キタの摩天楼、中之島の河川と橋梁、ミナミの繁華街、大阪平野を見渡したり歴史遺産のライトアップがあったり。さまざまな夜景が観られます。

ただ眺めて美しさにため息をつくのもいいですし、撮影地のデータも掲載されていますから、ガイド本としても使用できますね。夜景好きな方はぜひ!



【大阪夜景】の関連記事

  • 『2017年2月ごろに読んだ本など(5冊)』~『usao漫画』『つげ義春: 夢と旅の世界』『世界をたべよう! 旅ごはん』など5冊~
  • 『2016年の年末ごろに読んだ本など(5冊)』~別冊太陽の長沢芦雪など、アート系を中心に。まとめて5冊ご紹介します~
  • 『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』~小さく稼いで小さく暮らす。「ニート暮らしも悪くない」と思える一冊~
  • 『2016年5月に読んだ本(5冊)』~やる気と集中力・年収100万円生活・フランス人は10着しか…など~
  • 『2016年4月に読んだ本(5冊)』~小さな出版社・ロングトレイル・ドイツ式部屋づくりなどなど~
  • 『JAPAN CLASS―一方、そのころ日本では…』~海外の掲示板が伝える「日本のこんなところがスペシャル」。気軽に読めるムック本です~
  • 『路上の芸術【復刻版】』~2005年のマンホール本の復刻版。鑑賞よりは、下水道やトイレの歴史の解説がメインです~
  • 『大阪夜景』~ひたすら大阪の夜景を紹介する写真ガイド本。バリエーションも豊富で、さすが大阪です!~
  • 『マンホールの博物誌』~マンホールや下水道の技術や歴史などを解説した一冊。妙に豪華でかなりお固い内容です~
  • 『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)』~現代の「地方都市」の若者の意識を分析した一冊。私の時代ともまた違った若者像があります~
  • 『DT (角川文庫)』~DT=「童貞」。みうらじゅんさん・伊集院光さんが童貞的ライフスタイルを語りつくします!~
  • 『ひっこしました』~エッセイストさんの引っ越し日記的な一冊。「あー、引っ越したい!」とそそられます!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ