2014-11-29

古地図とめぐる東京歴史探訪 (ソフトバンク新書)

明治初期の地図をもとに、東京の道・城跡・古墳・人物を訪ね歩くブラタモリ的な一冊

明治初期の古地図をもとに東京の町を歩き、地理的・歴史的な観点から改めて見なおしてみよう、という趣旨の一冊。新書ですがカラーページも多く、掲載されている地図も鮮明で読みやすかったです。

東京の地理はそれほど詳しくありませんので、地名からすぐにイメージが浮かびませんが、今はビルばかりが立ち並ぶようなイメージの都心でも、古道・古墳・神社・物語など、古の痕跡は残っているんですね。


説明文:「「東海道は、はじめ東京を通っていなかった」「都会の秘境のごとき渓谷は、どうやってできたのか」「渋谷には城があった」「巨大古墳群が都内に残っている!」「源氏のつくった八幡神社がそこらじゅうにあるのはなぜ?」。古地図片手に、道や史跡、伝承を訪ねれば、知られざる土地の姿と歴史が浮かび上がってくる。自転車・GPS・デジカメを駆使したフィールドワークを続ける著者が、東京の再発見に挑むガイド書。」


本書では、明治初期に陸軍が作成した二万分の一の彩色地図をもとに、現代の地形などと照らしあわせています。こういった行為の楽しさは、NHK「ブラタモリ」で一般に広まった印象ですが、その楽しさは十分に味わえますね。

テーマは、道(東海道や古代東海道)、土地(モース博士や弥生)、城跡(江戸氏や渋谷城、世田谷城址など)、古墳(野毛大塚古墳や等々力渓谷など)、人物(平将門の首塚、源義家と八幡神社など)、物語(更級日記や梅若丸)など。

東京の地理や歴史にそれほど詳しくない私でも、いろんな発見があって楽しめました。この本を参考にして街歩きしたくなりますね。

作者さんは、歴史や地理の専門家ではなく、こういった趣味をお持ちのライターさんだとか。このためあまりディープになりすぎず、とても読みやすい印象でした。興味のある方はぜひ探してみてください。


【古地図とめぐる東京歴史探訪 (ソフトバンク新書)】の関連記事

  • 『歴史のなかの大地動乱――奈良・平安の地震と天皇 (岩波新書)』~奈良時代に頻発した地震は宮廷にどのような影響を与えたのか?良書です!~
  • 『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」 (中公新書)』~6つの国史についてエピソードとともに分かりやすく解説。良書!~
  • 『怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書)』~中世の人々にとって怨霊とはどういう存在だったのかをわかりやすく~
  • 『寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)』~公家と武士に匹敵する力を持った中世の寺社。その成立過程を解説した良書~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『歴史のなかの石造物: 人間・死者・神仏をつなぐ』~石仏や五輪塔などが造立された歴史的背景について解説。やや難解でした~
  • 『将門伝説の歴史 (歴史文化ライブラリー)』~叛逆者・英雄・祟り神。丁寧に文献にあたり平将門の乱とその後を解き明かした良書です~
  • 『平安朝 皇位継承の闇 (角川選書)』~暴虐や狂気じみたとされる、平城・陽成・冷泉・花山天皇らの真の姿を検証。興味深いです~
  • 『跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)』~オカルトではなく、非業の死を遂げた人物が「怨霊」とされる過程を解き明かした真面目な一冊~
  • 『検証 平城京の政変と内乱 (学研新書)』~長屋王や藤原広嗣など、奈良時代の六つの政変を独自の視点から解釈。気づきのある一冊~
  • 『大仏再建―中世民衆の熱狂 (講談社選書メチエ)』~困難を極めた中世の大仏再建。大勧進職・重源上人を取り巻く時代背景を丹念に追った良書~
  • 『古地図とめぐる東京歴史探訪 (ソフトバンク新書)』~明治初期の地図をもとに、東京の道・城跡・古墳・人物を訪ね歩くブラタモリ的な一冊~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ