2014-01-21

縄文の力 (別冊太陽 日本のこころ 212)

土器・土偶・石器など。美しい縄文文化をビジュアル豊富に紹介。読みやすく充実の内容です!

別冊太陽の気合の入った「縄文」特集。内容はそれなりにディープですから、まったくの初心者さんには難しいかもしれません。しかし、このシリーズ全般に言えることですが、とにかく画像のクオリティーが高く、見ているだけで楽しいですね。未開人と思われがちな縄文の人々が、どれだけ美しい文化を持っていたのかが十分に理解できるでしょう。


説明文:「奇想的で過剰とも見えるほど独特の形態をした土器、森羅万象が息づく精霊を宿した不思議な土偶たち、聖なる場に造られた遺跡の数々。現代人の心を揺さぶる縄文パワーの謎に迫る!」


冒頭から「縄文の形とこころ」というグラビアページがあり、美しい火焔土器や土偶(縄文のビーナス)をアップで紹介したり、思わず引き込まれます。それに続いて「縄文時代の基礎知識」として、現在の主流となっている学説を紹介。土器が引き起こした縄文革命、ムラの構成などが解説されます。縄文土器は、世界的にみても最も早い時期に作られた土器にあたるのだとか。

さらに、以下のようなコーナーが続きます。

●三内丸山遺跡や大湯環状列石など、石や木を並べた「縄文時代のモニュメント」
●加工した石器などを紹介する「旧石器時代の美術」
●狩猟道具などの「縄文人の道具箱」
●美しい土偶を時代ごとに分類した「土偶の美」
●男性器を模した石棒など、祭祀にまつわる道具を集めた「第二の道具」
●文様や形状の変遷を分かりやすく解説した「縄文土器の美」
●モースや岡本太郎など「縄文の美の発見者たち」

いずれも難解になり過ぎず、楽しく魅せてくれますね。その中でも石器や土器、遺跡などから美しいものを中心に扱っているため、好き嫌いはあると思います。縄文文化については他の本もたくさん出版されていますが、その中でもかなり楽しめた部類でした。

縄文文化を俯瞰して大づかみしたい方には最適な一冊ですので、興味のある方はぜひ!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【縄文の力 (別冊太陽 日本のこころ 212)】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ