2013-05-18

畿内 古代遺跡ガイド―奈良・大阪・京都・和歌山

畿内の139の遺跡をエリアごとにまとめた実用的なガイド本。古墳めぐりに必携です!

畿内の139の遺跡・16の博物館をエリアごとにまとめたガイドブック。渋い観光ガイド本などを連発しているメイツ出版さんのもので、これから古墳を巡ろうと思っている方には最適の一冊です!「よくこんな渋い企画が通ったな」というのが本音です(笑)


説明文:「139箇所の遺跡と16箇所の博物館・資料館を写真と図解で詳細に紹介。」


●奈良県 -- 巻向古墳群、柳本・大和・杣之内古墳群、磐余地方の古墳群、佐紀盾並古墳群、馬見古墳群、葛城山録の古墳、巨勢谷周辺の古墳、平群・斑鳩周辺の古墳、飛鳥の古墳
●大阪府 -- 古市古墳群、百舌鳥古墳群、三島野の古墳
●京都府 -- 山城地方の古墳、京都府中西部の古墳、京都府北部の古墳

かなり広範囲を扱っています。エリア全体と古墳の形状には、Google Earthの航空写真を使ってあるため、とても分かりやすいですし、現在の現地の様子や石室内の画像なども豊富なため、これ一冊あれば古墳めぐりの最高のガイドブックになりますね。

私も奈良エリアの古墳にはいくつか行っていますが、そのすぐ近くであっても知らない場所も数多く見つかりました。自然の中に溶け込んでしまったかのように、石室への穴だけがぽっかり開いた古墳などもいくつも登場していますので、そういう意味でもたまらない内容ですね。ただし、石室内の画像が掲載されている古墳でも、多くは立入禁止になっていたりしますので注意が必要です。

私はこの本を図書館で見つけて借りて来ましたが、家で読んで楽しむというよりは、この本を持って現地で探し歩くタイプの使い方をしたい実用書(?)ですので、ぜひ買い直して手元に準備しておきたいと思います!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【畿内 古代遺跡ガイド―奈良・大阪・京都・和歌山】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ