2013-05-15

私は利休 1 (ヤングジャンプコミックス)

千利休の生まれ変わりを主人公にした茶道コミック。ファンタジー風味で読みやすいです

戦国時代に生きた茶人・千利休の生まれ変わりらしき、冴えない青年を主人公にした「茶道」がテーマのコミックス。現在発売されている3巻までを読了しました(連載は続いています)。知人から面白いというお勧めの言葉があったので読み始めましたが、確かにこんな渋いテーマを扱いながら、テンポも良くて読みやすく飽きさせません。よく出来た作品ですね。


----
説明文:「凡な日常に不満を抱きながら過ごすOL雪吹なつめは、どこにでもいる普通の女子。ある日、偶然出逢ったイケメン茶人・山上宗刻に導かれて茶道教室を覗くことに。冴えない同僚田中芳郎(黒ピー)を誘った彼女。そこに待っていた驚きの“世界"とは…!!?」
----


1巻だけ読んだ時点では、お気楽OLと普段は頼りなさげだけど実は…系の男子の、美味しんぼ的なお話かと思ったのですが、お茶の師匠にあたる現代の茶人「山上宗刻」、ネットバブルの風雲児で茶道具を買い漁る「織田三郎」、そして松永、古田・高山など、次々とゆかりの人物が登場して、ファンタジー色を強めていくと、一気にストーリーが活き活きしてきます。

史実をベースにして、これからどんなストーリー展開になっていくのか楽しみです。『へうげもの』ファンの方が読むと、同じ茶の湯を題材にしながらも、意外な方向からのアプローチっぷりで驚かれるでしょう!

また、茶道の基本的な解説や、現代の茶会の様子の描写などもあり、それも興味深いですね。現代の茶道の世界がやや辛口の描かれ方をしています。監修を務めていらっしゃる、芳心会「木村宗慎さん」の名前に聞き覚えがあると思ったら、以前読んだ『利休入門 (とんぼの本)』で、「利休の逸話はそのほとんどが作り話です。」と一刀両断にしていた方でした(笑)

ややこしく思われがちな茶道の世界を、ファンタジー色も交えて読みやすく扱っていますので、ぜひ気軽に手に取ってみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【私は利休 1 (ヤングジャンプコミックス)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ