2013-01-05

仏像ワンダーランド鎌倉 東京 (JTBのムック)

人気の仏像ムック本シリーズ第三弾は鎌倉・東京。見せ方が上手い、楽しめる一冊です

個人的に大好きな仏像ムック本。これまでに『奈良』編、『京都・滋賀』編(紹介記事)と続いて、第三弾でついに関東の鎌倉・東京が登場しました。

説明文:「2013年夏、ユネスコ世界遺産への登録が期待される「古都鎌倉の寺院寺社」。 首都圏から日帰りで行ける鎌倉の魅力あふれる仏像を中心に、東京都内の知られざる社寺やミュージアムの仏像も紹介。山下裕二氏(明治学院大学文学部芸術学科教授)のコメントを織り交ぜながら、楽しくガイドする。仏像の見方や時代別の特徴など、仏像初心者にも分かりやすいコラムも充実! 「仏像ワンダーランド」は、奈良、京都滋賀版も好評発売中。」

2013年の夏、鎌倉は世界遺産登録の期待がかかるだけに、このタイミングでの出版になったようです。次はきっと東北だと思って、勝手に期待しています!

私自身、昨年に関東の仏像ファンの友人たちと鎌倉のお寺へお参りして、改めてその素晴らしさに驚いたばかりだったので、今回もとても楽しく拝見しました。関西在住の人間にとってはなかなかお会いしづらい仏さまばかりですが、鎌倉や伊豆、そして都内にもたくさんの美しい仏さまはいらっしゃいます。表紙にもなっている、東慶寺の水月観音菩薩半跏像などは、たおやかで美しいですね。

ただ、初心者さんにも分かりやすいガイドブック的な作りですから仕方ないのですが、個人的には鎌倉仏にしか使われなかった技法「土紋(どもん)」(粘土や漆などを混ぜて型抜きし、文様を立体表現する装飾方法)について、もっと注目してあげて欲しい…とは思いました。他では見られない貴重な技法で、間近に拝見したらかなり感動しましたからね!

そんなことを思ったりしましたが、以前も書きましたが、このシリーズの最大の魅力である、美しい画像と美しいレイアウトはそのまま活かされています。画像点数を絞り込んで、大きめの迫力のある誌面にしてあるため、ページをめくっていて楽しいですね。その分、掲載されている仏さまの数は限りがありますが、入門書としては最適でしょう。都内の仏さまも多数掲載されていますので、関東方面の方はぜひ手にとってみてください!



【仏像ワンダーランド鎌倉 東京 (JTBのムック)】の関連記事

  • 『ミズノ先生の仏像のみかた』~顔のパーツなど細部にも注目し、脱・仏像初心者に最適!良書です!~
  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ