2015-04-28

巨大仏!!

日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!

2010年に発売された、日本全国に存在する「大仏」の写真集。日常生活の中に溶けこむように、しかし圧倒的な非日常感を漂わせながら存在している大仏たちを、その周辺の風景とともに写しています。あまりの巨大さで、(失礼ながら)怪獣のような、またはウルトラマンのような、不思議な光景が観られます。

ちなみに、筆者は売れっ子の放送作家さん(内P・アメトーーク・さまさまなど)で、大船観音(25m)を観て衝撃を受けたことから、全国の大仏めぐりを始めたのだとか。


説明文:「ウルトラマンやゴジラよりもデカい巨大仏が一同に集結! 鎌倉大仏が手の平に乗る最大120mの巨大仏が放つ“違和感”を追い求め、珍奇な構図で撮り続けた28体。世界初の巨大仏写真集!!」


本書で掲載されているのは、牛久大仏・仙台大観音・篠栗南蔵院釈迦涅槃像・淡路島世界平和大観音・加賀大観音・久留米大観音・親鸞上人大立像・会津慈母大観音・高崎白衣大観音・東京湾観音など、見開きページに大きな写真を用いて16の大仏を紹介しています(さらに、写真1枚ずつ程度で12の大仏も登場)。

こうした巨大仏に関しては、『晴れた日は巨大仏を見に』『大仏をめぐろう』などの書籍が出ており、その魅力を「ぬっと現れる」ことだとしていたりします。奈良の大仏さまなどとは違い、山の森林の間から、真っ白い姿が見えたりすると、違和感と非日常感がすごいんですよね。

本書に掲載される写真は、日常生活の中に溶けこむように存在している大仏たちを捉えています。はるか遠くの丘の向こう、普通の民家の屋根越し、直線道路の先、海沿いのカーブを曲がった先など。ちょっとした悪夢感すら漂い、現代の日本とは思えないような不思議な歪みが感じられます。

こうした写真は、気候条件や時間帯によって上手く撮れなかったりしますから、撮影も大変だったとか。何気ないアングルのように思えて気軽にページをめくってしまいますが、どれもちょっとした劇的な瞬間ですね。とても楽しい内容でした!



【巨大仏!!】の関連記事

  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~
  • 『名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)』~和辻哲郎、亀井勝一郎、白洲正子など、十一面観音についての名文を収録。読み応えあり!~
  • 『仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)』~仏像の顔の時代ごとの特徴と変遷を解説。言葉では難しいものですが、明快で的確でした~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ