2017-09-19

消しゴムはんこの仏さま

愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!

仏さまを愛らしくデフォルメした図像を、消しゴムはんこの作品とした「仏はんこ」の作品集であり、仏さまについてのわかりやすい解説書であり……という一冊。

作者は、私の知人でもある、消しゴムはんこ作家「nihhi(にっひ)」さん。数年前からTwitterやFacebookなどで作品を拝見していて、「いつか本としてまとまったらいいのに」と願っていましたが、こうして書籍化されて嬉しい限りです!

内容紹介 「仏さまってなんだろう」と日々考えながら小さな消しゴム板に仏さまを彫り続けている著者が、ほっこり愛らしい印影と分かりやすい解説で72尊をご紹介いたします。仏さまにまつわるエッセイや、消しゴムはんこ(シンプルなお地蔵さま)の作り方も掲載。巻末には、トレースしてお使いいただける原寸図案を11点収録しました。小さな消しゴムはんこを通してたくさん仏さまに出会える、ユニークで心なごむ「仏さまガイド」です。

出版社からのコメント
本書では、かわいらしいお姿とやさしいお話で、仏さまとその世界について紹介しました。「仏さまのお話は、実は誰にとっても自分事」「仏さまに出会うことは、自分と、世界と新しく出会いなおすようなこと」…。仏さまのことを知ると、「すべてがつながっていて、それぞれが活かし合っている大きな世界」が身近に感じられます。また、無心に消しゴム板を彫ることで、雑念から解放されて心が調うなどの効果も。仏像が好きな方、消しゴムはんこが好きな方はもちろんのこと、仏教に興味を持っている方、そして何となくお疲れ気味な方にも手に取っていただきたい、心がふわっと楽になる一冊です。
「内容紹介」より


とはいえ、内容は「消しゴムはんこの彫り方」がメインではありません。愛らしい図像を用いて、親しみやすく仏さまの特徴などを解説する、どちらかというと「わかりやすい仏さま入門書」という内容です。

また、このテキストが、いい感じに力が抜けていていいんですよね。著者のnihhiさんご自身も、ちょっと掴みどころのない飄々とした雰囲気の方なんですが、そのイメージ通りの素敵な文章です。仏さまと近すぎず遠すぎず、畏まりすぎもせず、時に本質をつく鋭い言葉があったり。



ひとつ、深いところの「おなじ」に気づけば、浅いところの「ちがう」も認められる。ひとつ、小さなつながりに気づいていけば、大きなつながりにも気づく。

そこにはとても大きな肯定があります。仏さまというのは、とにかく「OK」と言ってくれている。常にその声は響いているのですが、私が普段ちょっと忘れているだけなのかも……。本来宇宙は仏でできている。仏100パーセントなわけです。なかなかそう実感できなかったとしても、仏さまは変わらずに、既にあるんです。

P14「仏さまと出会う」より


可愛らしい仏はんこの作品たちとともに、言葉が静かに心にしみてきます。仏教的な単語なども出てきますが、全体的にとても平易に、親しみやすく仏さまの世界に触れられる一冊だと思います。「この本に登場する仏さまに会いに、お寺さんへお参りしてみる」というのも楽しいでしょう。

たくさんの方に手にとってほしい一冊でした!ぜひ!




『消しゴムはんこの仏さま』(日貿出版社)の表紙。愛らしく描かれ、彫られ、押された仏さまたちが並びます!


『消しゴムはんこの仏さま』より、nihhiさんの「仏はんこ」の作品と原版が写ったページ。やわらかな表情の童子のような仏さまは、みなどれも愛らしく、細かい線まで消しゴムはんこで彫られたものかと思うと、私のような不器用な者は驚くばかりです!


仏さまの中でも「如来(にょらい)」を説明したページ。同じお釈迦さまの姿を写しているんですが、いろんなパターンがあることがわかります。このページでは、お釈迦さまの生い立ちや仏さまの手の形(印相)についてなど、わかりやすく解説されています


如来のお仲間たちとなる「五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀如来」と「見返り阿弥陀如来」。こうした像は、原寸か125%の拡大サイズで掲載してあるため、コピーすれば消しゴムはんこの図案としてそのまま使用できるようになっているとか


興福寺の八部衆をモチーフにした(であろう)「阿修羅」と「迦楼羅(かるら)」。阿修羅の切なげな表情もいい具合にデフォルメされて再現されていますし、人ではない異形の仏である迦楼羅が、やはり人からは遠い表情をしていてとても素敵です!


第3章「仏さまを彫る」では、初心者でも消しゴムはんこに取り組めるように、用意する道具や彫り方なども解説されています。巻末には「仏さまはんこ図案集」もついていますので、仏はんこデビューもできます!興味のある方はぜひ!


【消しゴムはんこの仏さま】の関連記事

  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~
  • 『名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)』~和辻哲郎、亀井勝一郎、白洲正子など、十一面観音についての名文を収録。読み応えあり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ