2012-07-13

雑貨屋さんになりたい―小資金で始める&続けるショップ経営のABC

憧れの「雑貨屋さん」を小資金で開業するための実践的なノウハウたち

女性の人気の職業「雑貨屋さん」を開業するための実践例とマニュアルが掲載された一冊。筆者は、雑貨店の店長職を経て、雑貨店立ち上げのアドバイザーやプロデューサーとして活躍なさっている方だとか。サブタイトルに「小資金で始める&続けるショップ経営のABC」とあるように、小さな資本で無理せずに開業できるようなプランが提案されています。

店舗探しのコツ、届け出書類、発注方法、仕入先の見つけ方、海外との取引、委託販売の受け付け方、開店後の販促方法など、基本的な項目には全て触れられています。また最も重要な点であるお店のコンセプトの決め方についても、しっかりとページを割いています。何軒もの雑貨店の立ち上げを見守ってきた筆者ならではのノウハウも語られています。

第一章には「成功する雑貨屋さんのケーススタディー」として、全国の人気店が紹介されるとともに、開業時の具体的な数字が掲載されているのも参考になりますね。開業資金の内訳、資金の調達方法、客単価と来客数、月商など、具体的で分かりやすいです。カラー写真入りで紹介されていますので、お店の雰囲気がイメージしやすいのもいいですね。

ただ、外から見れば華やかで楽しそうな雑貨店ですが、実際にやってみたらここでは書き尽くせないようなご苦労もあるんでしょうが、そういった点にはほぼ触れられていません。自宅を改装して営業をはじめるだけでも数百万円の資金が必要となるんですから、冷静な視点も忘れずにすべきでしょう。

※余談ですが、最近この手の本ばかりを読んでいますが、私は雑貨店をオープンさせてみたいというような野望はありません。この業界で頑張っている方々のお知り合いも増えましたので、最低限の基礎知識を集中的に吸収しようとしているんですw


【雑貨屋さんになりたい―小資金で始める&続けるショップ経営のABC】の関連記事

  • 『「町中華とはなんだ」など、2017年春ごろに読んだ本(5冊)』~〆切仕事術・本の時間を届けます・二畳で豊かに住む・コクヨのシンプルノート術~
  • 『2017年2月ごろに読んだ本など(5冊)』~『usao漫画』『つげ義春: 夢と旅の世界』『世界をたべよう! 旅ごはん』など5冊~
  • 『2016年の年末ごろに読んだ本など(5冊)』~別冊太陽の長沢芦雪など、アート系を中心に。まとめて5冊ご紹介します~
  • 『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』~小さく稼いで小さく暮らす。「ニート暮らしも悪くない」と思える一冊~
  • 『2016年5月に読んだ本(5冊)』~やる気と集中力・年収100万円生活・フランス人は10着しか…など~
  • 『2016年4月に読んだ本(5冊)』~小さな出版社・ロングトレイル・ドイツ式部屋づくりなどなど~
  • 『JAPAN CLASS―一方、そのころ日本では…』~海外の掲示板が伝える「日本のこんなところがスペシャル」。気軽に読めるムック本です~
  • 『路上の芸術【復刻版】』~2005年のマンホール本の復刻版。鑑賞よりは、下水道やトイレの歴史の解説がメインです~
  • 『大阪夜景』~ひたすら大阪の夜景を紹介する写真ガイド本。バリエーションも豊富で、さすが大阪です!~
  • 『マンホールの博物誌』~マンホールや下水道の技術や歴史などを解説した一冊。妙に豪華でかなりお固い内容です~
  • 『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)』~現代の「地方都市」の若者の意識を分析した一冊。私の時代ともまた違った若者像があります~
  • 『DT (角川文庫)』~DT=「童貞」。みうらじゅんさん・伊集院光さんが童貞的ライフスタイルを語りつくします!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ